封筒奮闘日記

2017年10月13日(金)

どんな感情なのでしょう

加藤が投稿しました。

いつもお世話になっています。
封筒なんでも作っちゃう「封筒屋どっとこむ」の加藤です。

今回は私事ではありますが
2017年10月12日に家族が増えました。
4人になりました。

元気な女の子です。
少し小っちゃかったですけど。

第2子ということで、家内は出産前に
すべて準備しており、
入院の為の荷物・会社で必要な書類などなど。
陣痛がきてから慌てることなく、
産婦人科に行くことが出来ました。

追加で頼まれたのは爪切りぐらいでしょうか。

出産は真夜中でしたので、
目がさえてしまった長男2歳と一緒に立ち会うことに。
いつもは泣き真似をするだけで、
つられて大声で泣いちゃう子でしたが
出産中は苦しむお母さんを見て、
声ひとつあげずにボロボロと涙を流していました。

立ち会わせてよかったのかどうか。
よほど衝撃的だったのか、
それとも事態を把握して泣いていたのかはわかりませんが
彼はどんな感情だったのでしょうか。
今はお母さんと妹が帰ってくるまで、いい子でいてほしいものです。

DSC_0352

2017年07月14日(金)

中野うどん学校

加藤が投稿しました。

皆様、毎度お世話になっております。
封筒屋どっとこむこと封筒屋さんの加藤です。

封筒屋さん勤めですと、星の数ほどの封筒を手にする機会があります。
軽く皆さんが手にする封筒の数の5倍ぐらいですかね。
いや、もう少しありますか。

そんな封筒屋さんは、今年も社員旅行でウキウキになってきました。
梅雨の時期になると、ウキウキ感がハンパないですね。

今年も相変わらずアクティブなプランが盛り込まれるこのツアー。
今回の目玉は、「こんぴらさん」の頂上まで登ること、、は
実はフェイクで翌日のうどん作りにありました。

それは、、、 そうあの「中野うどん学校」。
うどん作りというか、軽くエンターテイメントで
うどん作るのが目的なのかダンスタイムがメインなのか。
とりあえずうどんを作った感がかき消されるほどのイベントでした。

機会があれば皆さんも経験して頂き、是非とも卒業生として
各家庭に伝承してほしいものです。
ちなみにうちの嫁は、過去に体験していたそうで
先輩でした。。。

その時の楽しそうな画像をご覧ください。

あっ、封筒屋さんのメルマガでお馴染みの

あのT山氏が、、、。 いる、、? いるの、、?うどん3 (2)

2017年04月22日(土)

BBQ

加藤が投稿しました。

最近、暖かくなってきましたね。
ここのところめっきりお客様との会話の少なくなった
封筒屋どっとこむの加藤です。

先日、弊社では恒例のBBQが行われました。
仕事終わりの金曜夕方から準備をはじめ、
夜遅くまで続きました。

ここ数年で人数が大幅に増え
そろそろ別の場所を考えないといけないとダメです。
来年は大きな公園などで企画を立てようと思います。
いや、立ててもらおうと思います。

ボーリング大会や慰安旅行など
イベントはまだまだ盛りだくさんなので
賑やかにできる環境を目指したいと思います。

DSC_0268

C9XlKHPVwAAJYQM

2016年12月07日(水)

師走

加藤が投稿しました。

皆様、ご無沙汰しています。
デスクワーク担当の加藤です。

今年一年もそろそろ終わりが近づき
皆様はどんな一年を過ごされましたか?
のこりもあとわずかになりましたがお忘れ物はございませんか?

封筒屋どっとこむは駆け込みのお客様にも
出来る限り対応しています。
まずはご相談くださいね。

先日、封筒屋どっとこむ×製造現場=緑屋紙工の忘年会がありました。
毎年恒例ではありますが、出席者も多く盛大な会となりました。
昨年と比べ社員数も大幅に増え、いろんな人との交流ができる良い場となりました。

img_0162
img_0164
img_0163

料理にも大満足で楽しい時間が過ごせました。
こんな感じで1年の最後のイベントの締めくくりとなりました。

2015年12月24日(木)

フォースとともにあらんことを。

加藤が投稿しました。

封筒屋どっとこむ、クリスマス担当の加藤です。

今年もあとわずかとなりましたね。
「封筒屋どっとこむ」は年始5日からの営業となります。
お急ぎのお客様も沢山おられます。
なるべくご要望に添える様、ご協力致しますので
どしどしご依頼ください。

今回は私事になりますが、
今年は家族二人で過ごしてきた我が家に
新人が入りました。
加藤家に入社してきた彼は、
他から見ると、かなり手のかかる子の様です。

なんで泣いているのか、彼の気持ちを考えても
なかなか伝わりにくく、もやもやしながら育児奮闘中です。
私は専ら、休日専門ですが。

それでも彼から教えられる事も沢山あります。
初めて感じる親心や、何を考えているか、どうしてあげれば
良いのか、などの本当の相手を思いやる気持ち。
今までも他人に対しても心がけてはきましたが
やっぱり別物なんですね。

そんな彼から学んでいる気持ちをしっかり
お客様にもスタッフにもお伝えできればと思います。

DSC_0493

皆様、来年も今年同様、よろしくお願い申し上げます。

封筒屋どっとこむ 加藤

2014年08月06日(水)

「愛情は瞬間的な感情ではない」という事だそうです。

加藤が投稿しました。

封筒屋どっとこむ、お見積を担当しています加藤です。

ご無沙汰しております。

休日は、色々としています。
人には、向き不向きがあると思いますが、
運動したり、いろんなところに行ったり。

この間、ガラスのコップを作りに行きました。
だいぶ、前ですけどね。
一年ほど前。
今考えても、つい先日の様な感じがします。

写真を見てたら出てきたので、
今回のブログの記事にしてみました。

時間的には直ぐだったんですが、
各工程があり、固まってしまう事もあり
急ぎながら製作に励みました。
夏だったので、汗だくになりましたね。
今も夏ですけど。

仕上がりは、こんな感じでした。
なんでも初めて体験する事は、
自分自身にとってすごく身になる事が多いですね。

やっていない事、これから時間をかけて経験していきたいですね。

DSC_0162

2013年12月12日(木)

サンタ狩りの時期ですね

加藤が投稿しました。

クリームシチューをカレーの様にシチューライスにしてしまう
見積担当の加藤です。

冬将軍到来の季節です。
シチューは、冬には欠かせませんね。
豆乳鍋と同じぐらい好きです。

ところで当店で今の季節は、お客様が大変急いで
駆け込んで来られます。師走ですから。

私たちもなるべく早く、お届けしたいのですが
やはり封筒の製作には、少しお時間がかかるのです。

お客様の印刷データの確認→お客様にOKを頂くデータ確定。

紙の仕入→印刷→封筒への製袋。

本当は、紙の断裁や展開図作り、窓加工などありますが、
ざっくりするとこんな流れなのです。

印刷後は、かわかす必要もありますので、2日から3日ほどかかりますし、
あとは、枚数にもよってお時間が延びたりします。

やっぱり1週間から10日前後は、必要になって参ります。

出来る限りお力添えを致しますので、何卒ご了承ください。

そういえば、ロヴァニエミ行ったことあります?

2013年10月03日(木)

次回からタッグで

加藤が投稿しました。

封筒屋どっとこむ加藤でございます。

 

封筒屋どっとこむ在籍期間、2か月が経ちました。

まだまだ規定打席には到達できません。

 

スポーツの秋

食欲の秋

芸術の秋

読書の秋

 

そんなに秋は長くはありません。

 

過ごしやすい季節の一つ、「秋」。

 

この季節には結婚式が多いそうです。

 

結婚式には、「招待状」が欠かせませんよね。

 

高級な紙を使って、素敵な招待状を依頼する方も

多くいらっしゃいます。

 

やっぱり、紙が高級になると

インパクトも仕上がりも素敵です。

 

枚数がそんなに多くならないので、かなり割高にはなりますが

やっぱり大切な思い出の一品になりますので

みなさんそこは惜しみませんね。

 

様々な方の個性がでて、やっぱり「紙」も

重要だなぁ~と、

こちら側でも大変勉強になります。

 

いつか誰かとアラベール

それでもきっとマーメイド


 

2013年08月22日(木)

遅れてきた新人

加藤が投稿しました。

近頃、家に届く封筒がとても気になる、新人の加藤です。

「封筒屋どっとこむ」で封筒の道を歩むこと

はや一ヶ月が経ちました。

 

日々、新鮮で今では ほぼ毎日、夢に出てくる封筒。

 

皆さんにも色々知って頂きたい反面、

自分自身でも封筒に関してよく知らなかった自分に気づかされます。

 

僕の知っていた「封筒」は、主に「お知らせ」でした。

家に届くものや、書類、手紙など。

ここで知った「封筒」、つまり「封筒屋どっとこむ」では

僕の知らない、これからの封筒、斬新な封筒、が

毎日、試行錯誤され生まれてきます。

 

時代のニーズにあった、業種に適した、また、今までになかった

これからの封筒にどっぷりと浸かっていこうと思っています。

 

僕の気になる「これからの封筒」を一つ ご紹介します。

 

「ネクタイ袋」 封筒? 袋? いや立派な封筒袋ですね。

 

IMG_0814_03

 

 

これが、紳士服専門店や高級ブティックに当たり前の様に並ぶ日が

やってくるんだろうなー って思います。

 

どの芸術にも出せなかった画期的な封筒ですね。