封筒奮闘日記

2016年08月03日(水)

新サービス「DMプラス」

鳥山が投稿しました。

毎日の仕事の大半は「封筒」を扱っているのですが、
今日は最近取り組み始めた、
ビジネスシーンで使える最新のサービス「DMプラス」を紹介します。
どういうサービスかというと、

紙媒体のダイレクトメールと、
弊社開発のスマホアプリを組み合わせた、
ありそうでなかった「伝え続ける販促」の仕掛けです。
DMの開封率を高め、郵送のDMでは出来ない追客、
伝え続ける仕組み、を提供していきます。
image_taccel_newservice_1200_900

 

このサービスの魅力は3つ。
1)
お客様が楽しめるARなどのコンテンツを用意する事で
DMの開封率を上げられる仕組みが作れます。

2)
通常の郵送DMなら一度送付すれば一旦終了ですが、
アプリをインストール頂いたお客様には、
プッシュ通知(アプリを起動していなくても端末へ通知を送る機能)を利用して、
お知らせし続けられます。

3)
アクセス解析も行う事が出来ます。
どのARコンテンツが多く閲覧されたか、
どの地域で多く閲覧されたか、などの分析も可能で
効果がわかりやすくなっています。

特にアクセス解析は使い方次第で、今まで分からなかった部分が
明らかになることで無限の可能性を秘めていると思います。
DMplus_image2_1 - 2mb

 

でも、実際どういった使い方をすればいいのか?というところなのですが、
少しアイデアを紹介します。

例:その1
モデルルームのイベント案内でDMを送付し、
特定のロゴなどにスマホをかざすと
360°ビューでモデルルーム内をみれる。
プッシュ通知で来場の促進を行う。

例:その2
無料サンプルをご請求頂いたお客様宛にDMを送る。
封筒には販促動画が見れるコンテンツ(マーク)を付ける。
動画を最後まで鑑賞すると、特別価格での購入出来るウェブサイトへ
自動で切り替わる。
プッシュ通知で新製品の案内。そのウェブサイトへ誘導促進を行う。

例:その3
新車試乗会の案内DMを送る。
クルマの塗り絵が同封されており、スマホをかざすと
そのクルマが走り出す。
プッシュ通知で別の試乗会の案内などを送る。

今までのDMをリッチに、そしてより実践的なツールに変える「DMプラス」。
お問い合わせ、受け付けております。


お問い合わせ先
株式会社タクセル
mail: support@fuutouya.com
tel: 06-4302-7740


 

2016年06月15日(水)

エキセン

鳥山が投稿しました。

封筒製作の現場では「エキセン」と呼ばれる金型を使用しています。

 

封筒の形を抜く為に、その封筒専用にそのままのサイズと形で型を作成する方法が御座いますが、

その封筒形状でしか使用できない型になるため応用が利かないデメリットが御座います。

「エキセン」はサイズ変更が可能なため、他のサイズでも流用できる金型です。

KIMG0897

まずは封筒の縦と横のサイズで四角に断裁します。

画像を見て頂ければ分かるかと存じますが、

その紙の角を切り落とす事で

封筒の形状になるわけです(画像はサイド貼り。上の白いところがフタ)。

このままでは片側だけですので、同じ型で下側を抜くことで、封筒形状が出来上がります。

KIMG0900

※カマス貼りですと、上下ではなく左右を切り落とす。

 

サイズを変更できる「エキセン」という金型は便利ですが、

フタや糊しろの角度は既存の金型次第という部分があり、

また大ロットでしたら、専用の型を作成した方が納期が早かったりしますので

その案件に合わせた選択が必要ですね。

2016年06月01日(水)

自転車レースを観ました

鳥山が投稿しました。

自転車を買おうか買わないか迷っているけれど、

結局買わないんだろうな担当、鳥山です。

先日近所で自転車レースをやっていると聞き、観に行ってきました。

こんな感じです。

KIMG0855_16 KIMG0857_11

レース名は「TOUR OF JAPAN」の堺ステージです。

ほぼ直角気味の平坦なカーブを楽々曲がるところや、

直線の疾走感は迫力がありました。

ただ選手を誰一人知らなかったので、調べてからいけば良かったと少し後悔しています。

KIMG0858 KIMG0859

ゴール前では実況席があって少しだけ選手紹介していたり、

電光掲示板もあり、ある程度知識入れてたらホント楽しめたと思いました。

このレースは1週間ぐらいかけて日本各地を回るレースで、19回目らしいです。

F1で有名な鈴木亜久里の自転車チームも参加しています。

これも事前準備なしに行ったので、判別できなかったですが。

 

そう、今回思ったのが事前準備の大切さ、です。

車も止めるところがなかったので、駐車場に止めてからだいぶ歩きましたし、

近所という油断で前半のレースを見逃していたし。

楽しむ為の努力は惜しまないようにしたいですね。

 

2016年05月18日(水)

封筒を入れて送るダンボール箱

鳥山が投稿しました。

今回取り上げるのはダンボール箱。
当たり前のことなんですが、
商品を出荷する際にはダンボール箱に封筒を詰めて梱包します。

dan

ダンボールは上下の「ライナー」という部分の板紙の間に、
「フルート」と呼ばれる紙が波打っている構造を合わせた形になっています。
この「ライナー」の紙厚と「フルート」の波の数と高さでいくつかの組み合わせがあります。

波部分は「トラス構造」といって、波の頂点に圧力がかかると左右に分散されることで
中の商品を守っています。
一般的なダンボールで30センチあたり、34段前後の波があります。
波の数が少ないと厚くなり、緩衝性が高くなるのですが、
デメリットとして折り曲げにくかったり、表面が凸凹で印刷不良が出やす くなるので、
内容物に合わせて「ライナー」と「フルート」の選択が必要です。

2016年03月09日(水)

約30年前の・・・。

鳥山が投稿しました。

お世話になっております。

封筒屋の「懐かしい」担当、鳥山です。

先日家の断捨離を実行するため、片付け&整理をしていましたら

懐かしい雑誌が出てきました。それがこちらです。

KIMG0665

約30年前の「モノ・マガジン」です。

(ダイヤルまわすタイプの電話が表紙なのが印象的です。昔この電話の赤色が家にありました)

現在も発行されている雑誌なので、驚きです。

というのもこの雑誌に掲載されている雑貨類がほとんど今では見かけないものばかりなので

比べてしまいました。

気になった点を箇条書きすると、

  • VHSとベータの争い。どちらも今はほとんど見かけない
  • そのビデオデッキが20万、安くても13万前後
  • CDプレーヤーも15万から10万
  • 70分の映像が入ったビデオテープが1本1万5,000円ぐらい
  • 「パソコン」の文字がなく「マイコン」。そのマイコンが電卓と比べられている
  • カメラの紹介で画素数の表示がない
  • コンビニ特集でローソン、ファミマ、セブンに加えて今はない「サンチェーン」が入っている
  • 消費税表記なし
  • ロスオリンピックのキャラクターの名前が「イーグルサム」というのを初めて知った

などなど。

映像や音楽の機器がとんでもなく高く、今では安くていいものが手に入るので

ホント恵まれているなぁと思ったのと、

逆にもしかしたら安売りし過ぎじゃないだろうかと感じます。

あとは「Youtube」「Amazon」などWEBの力を改めて感じました。便利すぎます。

 

「断捨離」は中断してしまいましたが、「温故知新」が出来て、

まあまあの経験でした。

2016年02月17日(水)

展示会に参加しました

鳥山が投稿しました。

《現場担当者から》

先日「モトヤコラボレーションフェア2016」が開催され、参加しました。

KIMG0636

普段工場での作業でお客様と接する機会が少ないのですが、

今回展示会に参加してお客様と直に会話ができ、

とても有意義な時間が過ごせました。

今回小さい「プチポチ袋」をブースに足を運んで頂いたお客様に

お配りしていたのですが、

「こんな小さい封筒が機械で貼れるの!?」とびっくりされる方が多かったです。

ちなみに小さい「プチポチ袋」はこちらです。

KIMG0656

 

普通サイズの封筒と仕様はそのままなのですが、

その仕様がすべて小さいサイズの為、その辺りに技術が必要となってきます。

可愛らしい封筒ですが、こだわりのアイテムです。

2015年12月16日(水)

工場の工夫

鳥山が投稿しました。
タグ: , ,

工場で使用する機械は

ある目的を達成する為に特化して作られていますが、

仕事の内容や素材によって、改造やちょっとした工夫が加えられてようやく

それぞれの目的に合った最適な機械として機能します。

ちょっとした事ですけど、今回紹介する写真がこちら。

KIMG0552

機械の鉄の棒の先端に紙を貼付けて、長さを伸ばしています。

KIMG0554

用紙が機械の工程に沿って流れていくのですが、

用紙によって反りやすい紙質のものがあり、

その反りによって、流れから逸脱しないようにする小さな工夫です。

 

ちょっとした事が大切だったりしますね。

2015年12月02日(水)

お菓子へのこだわりを告白

鳥山が投稿しました。
タグ: ,
こんにちは。封筒屋どっとこむ お菓子担当の鳥山です。
そこそこの年齢を費やしている男性ですが、コンビニでよくお菓子を購入します。
データによると、男性の5割はコンビニでスイーツを購入するそうです。
(ちなみに女性は7割)

私もそのうちの一人なのですが、お菓子というよりも
あまり見かけない、手軽に購入できる珍しいお菓子を買います。
例えば、

KIMG0477

こういう感じで期間限定というか、ここで見逃せば一生食べれない、
お菓子を買ってしまいます。
味の大当たりはそんなにないのですが、
写真の「ジャガビー しあわせバター」はみんなに勧められる普通のおいしい味です。
「おいしい」は大事ですが、私は記憶に残るインパクトの大きいお菓子に
出会えるのを楽しみにしてます。
グミの卵焼き味なんかは一生心に残ります。

長く愛される「おいしさ」か、記憶に残る「インパクト」か。
どちらも備えたお菓子に出会えるために、日々仕事をしながら探求してます。
2014年10月07日(火)

トライアル

鳥山が投稿しました。

こんにちは、鳥山です。

ミシンで封筒が作成できるか?
ということにチャレンジしてみました。

IMAG0575

 

調子のいいときはまっすぐ縫えるのですが、
これがなかなか難しい。
 
 
 

IMAG0579

 

ほつれやすくもあります。家庭用ミシンでチャレンジしたのですが、
布と違ってすぐ糸が絡まります。
ほつれを直すほうがはるかに時間がかかりました。

 

 

IMAG0578

 

紙が固いとあけ口が開かないので、糸を縫う部分は折り目をつけたり、
柔らかい紙を使用したりと工夫が必要だと思います。改めて反省です。

 

 

IMAG0576

 
 

 

キレイに縫えるとこんな感じです。
10枚ぐらいチャレンジして1枚ぐらいしかキレイに出来ませんでした。
 
 
 
今回久々にミシンを使用したので、とても新鮮で
ミシンを縫う感覚がとても心地よかったのが収穫です。
ただ、もう少し情報を集めてからやってみても良かったかな、と反省です。
また何かチャレンジできたらと思います。
 
 
 
2014年08月11日(月)

ウォーター財布

鳥山が投稿しました。

こんにちわ。鳥山です。

 

最近紙の財布が一部ではやっているらしいので手に入れてみました。
2014-07-27 22.01.59

革製品と比べて、紙に印刷する方がデザインに自由度がありそうですね。



2014-satsu
2014-ura-kozeni
2014-ura

写真のような使い方をするみたいです。
内側は小銭を入れるのかと思っていたのですが、
商品の裏の説明には、カードを入れるポケットの様です。
気のせいだとは思うのですが、革製品と比べると、
クレジットカードを入れる気分が違います。
「収納」という機能は同じなのに紙の財布は不安が広がります。



2014-water 2014-water-go
水に強いという事でしたので、水に入れてみました。
全く染みてこないし、水に浮きます。
水から取り出して、水気を拭き取ると元通りです。丈夫です。



2014-tenkai
どうやって組み立ててるか気になったので、バラしてみました。
糊付している箇所は2箇所(下部分の両端)。
紙が特殊なため、綺麗にはがせました。
その二ケ所の糊付以外は折りと組み立てで財布状態にしています。
なかなかすぐに想像出来ない展開状態です。
複雑そうですが、このあと簡単に組み立て直せました。
特に糊付は影響なさそうなので、糊付無しでも財布として問題なさそうです。

かさばらなくて、オシャレ。
財布の高級感にこだわらなければ、とても良さそうなアイテムですね。
より最近 ←→ より以前