封筒奮闘日記

2010年11月30日(火)

既製と特注の狭間で揺れ動く欲望、そして愛

が投稿しました。

果てしなくインパクトのあるママさん日記に圧倒されている南です。
封筒の「ふ」の字にも触れないのになぜなんだ。
異常なまでにハイクオリティな弁当のせいだろうか…。
まぁ、当店のデータ担当の腕の良さをお分かり頂けたかと思います。
封筒製作から弁当作りまで、皆様安心してご依頼くださいませ。
さて、最近お客様からこんなご質問を頂きました。
「ところで既製品と特注品ってどう違うの?」

僕は仕事上当たり前に使用している言葉だったのですが、
こちらが当たり前だと思っていてもお客様にとっては当たり前のことではなかった、
というパターンですね。反省です。
確かによく考えると普段の生活の中で
そこまで既製品と特注品を意識することはないと思うので、
あやふやな認識をされている方も少なくないのではないでしょうか?
そこで今日は、既製品と特注品との違いについてお話しようかと思います。
まず既製品とは、業者のほうで決めた仕様で大量生産したもののことを言います。
大量生産することで安く製造できます。
ほとんどの既製品は需要の高い仕様のものとなります。
(需要の低いものを大量生産したところで売れ残っちゃいます)
封筒イメージ_013
既製品の良いところは、まず安いこと。
封筒の場合は業者が在庫として抱えているので、
納期が短いことも挙げられます。
しかしいくら需要の高い仕様のものを作っているとはいえ、
それで全てが事足りるわけではありませんよね。
例えば洋服で言いますと、
「デザイン最高!機能性も完璧!素材も惚れた!ただちょっと….袖が短いな…
という状況になったとしましょう。
業者はその仕様が売れると思って大量に生産しているわけですが、
やはり個人個人で好みは違うもの。
少々希望の形と違っていても、
「まぁこれくらいならOKかな」と妥協するのもひとつの選択です。
しかし、
「どうしても袖がもっと長いものが欲しいんだ!となったとき、
「かしこまりましたー!ではあなたのためだけに袖を長くしたものを作りましょう!
ということになれば、
それは「オーダーメイド」と呼ばれるものになりますね。
封筒におきましても同じように、
例えば、
「窓を2つ付けたいとか、
「金色の紙を使った封筒がほしいとか、
「封筒全面に印刷したいなどなど…
こういった場合、既製品の中に希望の封筒がなければ
イチから作るしかありませんよね。
「かしこまりましたー!ではあなたのためだけに◯◯な封筒を作りましょう!
当店ではこういった封筒のオーダーメイドを「特注製作」と呼んでいます。
封筒イメージ_001
そしてぶっちゃけ、
当店はこの特注製作が大得意なのです。
いろいろ集合
・・・おっと、
急に自慢が入っちゃいましたね、すみません。
まぁとにかく、
今回既製品と特注品の違いということでご説明してまいりましたが、
ご理解頂けましたでしょうか?
「説明されんでも知ってるわい!」とか
「説明分かりにくいわい!」とか
「説明間違ってる上に例えも分かりにくいわい!」などなど、
ご意見ご感想ご叱咤ご野次、
なんでも結構ですので気軽にお問い合わせくださいね。
意外と打たれ弱いのでお手柔らかにお願いします
そんなこんなで
あなただけの、御社だけの特注封筒を作りませんか?
封筒一筋50年の封筒屋どっとこむが承ります!

2010年11月26日(金)

今日のおべんとd(・∀<)

谷口が投稿しました。

BlogPaint
今日は恒例のお弁当の日で
今日のお弁当
じゃぁん
nobita
国民的アイドルドラえもん の相棒のこの方です
実は2児のママはお家国民的アイドルとか書きながら子供達にこのアニメを見せた事が
ありません(;´∀`)・・・うわぁ・・・
なのに息子はちゃぁんと知っていて
幼稚園とか町中とか本からとか学んでるみたい
子供ってきっと大人より色んな事を知ろうって気持ちが大きいから、ありとあらゆる所から学んで覚えてくるんやろね
なので子供の前でうかつに変な事言えません
と、まぁ今日も見事に封筒のの字にも触れない2児のママでした

2010年11月25日(木)

迷子になる名刺を救え!

が投稿しました。

ごぶさたしております
封筒専門店「 封筒屋どっとこむ」 の自称宣伝部長、南です
ウチの会社の近く(大阪市平野区)に「全興寺」というお寺がありまして、
先日ある用事があってお伺いしてきました。
聖徳太子が平野の地に薬師如来像を安置し、そこから町が形作られたという
由緒正しいお寺さんなのですが、
そのお寺の敷地の一角に、何やらもの凄く興味を惹かれる雰囲気の建物がありまして、
近づいてみるとこう書かれていました。
「地獄堂」
中はまさしく地獄、舌を抜く鬼がこちらを鋭く睨みつけ、
中央には閻魔大王様が鎮座しておられました。
全興寺1
「嘘付いたら鬼に舌抜かれるよ!」とか、
「悪いことしたらえんま大王に地獄に落とされるよ!」とか、
「封筒買うなら封筒屋どっとこむだよ!」とか、
教育の一環としてここにお子さんを連れてきて怖がらせる親御さんが
結構いらっしゃるみたいですね。
全興寺2
近くに来た際には一度見に行ってはいかがでしょうか?
大人の僕が見ても相当怖かったんで覚悟はしておいてください…。
さてさて、今回は!
当店が自信を持ってお勧めする新商品をご紹介いたしましょう!
その名も「カードポケット」です
カードポケット
このカードポケット、名刺を入れらる封筒でございまして、
今までありそうで無かった封筒なのです。
※ 実用新案をとっております。

僕はこれを見たとき、
「おお!こりゃ便利だ!」と心躍りました。
僕は以前営業職に就いていたとき毎日飛び込み営業をしていたので、
資料を名刺とセットで渡せるこの封筒に魅力を感じたのです。
これなら名刺がなくなることもありませんし、
名刺と資料がバラバラになってしまうのも防げますね。
そもそも封筒の用途は多様で、これといった使い方が決まっているわけではありませんし、
このカードポケットにつきましても、
皆さんが皆さんそれぞれの使い方を決めて頂きたい封筒なのです。
まぁ僕があれこれ説明するよりも、
とりあえずこれを見て頂いたほうが分かりやすいかもしれません。
ウチの課長と主任が出演しているCMでございます。

なぜか2人とも妙に撮影慣れしている上に、
地味に演技が上手いという謎を含んだ手作りCMですが、
いかがでしたでしょうか?
今後もこのようなCM・・・じゃなくて商品を、
会社一丸となって発明していきますよ!
お楽しみに!

2010年11月19日(金)

 

が投稿しました。
b8761bd6
はじめまして
封筒屋でデータ担当してます2児のママです
封筒のお話は他の人にお任せして、全然関係ないお話です
今、上の子が年中さんで週に2回、お弁当作ってマス
61393ec4とか
cab617a7とか
息子にリクエストされたりしたらハリキッちゃいます
上にも書きましたが、封筒に全く関係ないです
封筒ネタを読みに来てくれた人は
『何で弁当なん!!』
 
 
とお怒りになるのは百も承知の上で、また参上させてもらいまぁす
73f7f79f

 

2010年11月13日(土)

封筒一筋 50年!?

が投稿しました。

まいどです
封筒専門店「封筒屋どっとこむ」のひよっこ、南です
さっそく前回に引き続き「窓抜き」について語りたいところですが、
その前に今回はですね、
ネットショップ「封筒屋どっとこむ」
そして封筒を作っている緑屋紙工株式会社」について、
皆さんに知って頂ければと思うのです
実はウチはなかなか歴史ある封筒屋でございまして、
創業が1962年、周り一面緑に囲まれた場所でのスタートだったことから、
「緑屋紙工」という名前が付いたそうです。
緑屋_外観_001
今は周りにマンションとか色々建っていて緑はあまり見られません。
唯一、ウチのビルが緑一色で目立ってますが(笑)

1962年創業ということは、
実に約50年間もの知識と技術が培われてきたわけですね!
僕は製造業っていうのは大体、
今の時代だとほとんど機械が全部やってくれて、
職人さんがいるとはいっても、
そこにちょっと手を加える程度のものだと思っていたんですよ。
でも実際見ると、全然違いましたね。
作業1_003
作業5_005
作業4_009
作業9_007
機械が作る」のではなく、
「人が機械を使って作る」ときっちり表現しなくてはならないと感じました。

例えば窓抜きひとつとりましても、
どの位置に紙をセットして、どの位置に刃をセットすればいいのか、
紙を流すのにどれくらいのエアーが必要なのか、
刃でローラーを傷めないようにはどんな工夫をすればよいか、etcetc…
と、こんな感じで全工程ひとつひとつに、
今までの知識や経験から得たノウハウが活きているのです。
最終的にはやはり人間の手が入らないことには、
高い品質を維持することはできないということですね。
こう考えると、
今の不況の中で中小の製造業の会社がどんどん倒産していって、
そこで培われていたノウハウが失われていくということは、
非常にもったいない、大きな損失であるように思います。
さて、僕の話はこのくらいにしておきまして、
あとは社長に登場してもらいましょう

これを見て頂ければ、
我々がどのような意図で「封筒屋どっとこむ」を運営しているのか、
どのような思いで封筒作りを行っているのか、
ということもお分かり頂けるのではないかと思います

社長の夢は会社の目標。
会社の目標を達成するために社員は仕事を頑張ります。
そうすることで社員個人の夢へとつながります。
僕の夢は恥ずかしくてこんなところでは言えませんが、
自称宣伝部長として精一杯頑張りますので、
どうぞ皆様、今後とも生暖かい目で見守ってやってくださいね

2010年11月09日(火)

タガネの話だがね

が投稿しました。

こんにちわ!
封筒専門店「封筒屋どっとこむ」 のひよっこ、南です
大阪はめっきり寒くなりまして。
僕は数週間前からズボンの下にパッチ(ももひきとも言う?)を履いています。
しかもヒートテックのパッチなんでめちゃくちゃぬくいです。
地球上で最も防寒性に優れた装備はヒートテックのパッチだと確信しています。
多分真冬でもパッチさえ履いていたら、あと裸でも寒くないんじゃないでしょうか?
そのへん江頭2:50は理解してるはずなんですよね。
しかも江頭2:50は数々の名言を残し・・・あ、
すみません…
封筒と全然関係ない話に没頭してしまいました…
(反省はしておりません)
さて、気を取り直して、
しょっぱなから皆様にスゴいもの紹介しちゃいましょう
コレだぁ〜〜 ワンツスリーッ
タガネ_008
ね?スゴいでしょ。
・・・ええ、まぁ、
「てゆうか、何コレ?」
って9割の方が思ってるでしょうね(笑)
実はこれ、窓付き封筒の窓を抜くための「窓たがね」というもので、
これを「ポンス」といわれる機械に取り付けて窓を抜くのです。
作業8_002
窓を抜く職人さん
この「窓抜き」こそ、
ウチの会社が胸を張って声を大にして、
「得意だぞおーーーー
と言い切れる技術なのですっ
「窓付き封筒なんてどこでも売ってるし、どこでも作れるんじゃないの?
と思う方は多いかと思いますが、
実はそうでもないんです。
厳密に言いますと、
確かに窓付き封筒はどこでも売っていますし、
大体のところは機械さえあれば作れます。
しかし、
希望の窓抜き位置、希望の窓の大きさまで指定されてくると、
その希望通りに窓を抜けるところはそう多くないでしょう。

よく売っている既存の窓付き封筒以外で、
「この場所にこういう大きさの窓を付けたい」
となったとき、
その希望通りに窓を抜いてくれるところを探してみてください。
位置や大きさにこだわればこだわるほど、
なかなか見つからないと思います。

でもウチは、お客様の希望通りの窓が抜けちゃうんです。
その秘密は、先ほどご紹介した「窓たがね」。
なんと700種類以上も揃っているのです!
日本中でこれだけの種類を揃えてるところは
まず無いんじゃないでしょうか?
うちの課長曰く、「多分日本一」だそうです(笑)
これだけの種類と対応する機械を揃えていると、
ミリ単位で窓の位置や大きさを調節することができ、
お客様の希望の場所・大きさでバチーーンと窓を開けちゃえるという訳です!

3つ窓封筒2
角形集合2
自由な場所に自由な窓
ですので、希望通りの位置・大きさで窓を付けたい方、
他で「残念ながらできない」と断られてしまった方、
是非一度「封筒屋どっとこむ」までご相談ください!
まだまだ江頭…じゃなくて窓について語りたいところではありますが、
長くなってしまったので今日はこのへんで
本日もご愛読ありがとうございました

2010年11月06日(土)

封筒一年生の南です

が投稿しました。

封筒専門店「封筒屋どっとこむ」のルーキー、と申します。
封筒の世界に飛び込んでわずか3ヶ月ちょっとのひよっこです。
現在は封筒屋どっとこむのお見積担当として、
窓口的な役割をさせて頂いております
なぜ僕がこうしてペンを握らせてもらったのかは後で書くとして、
とりあえず封筒の世界に3ヶ月身を置いての感想はですね・・・
いやはや・・・
なんといいますか・・・
スミマセンでしたッ
いやーぶっちゃけ、封筒なめてました。
なめててすみませんでした。
封筒なんて普段当たり前に使いすぎてて、
それがどんな風に作られてるかなんて考えたこともなかったのですが、
実際封筒の製作過程なんかを目の当たりにしますと、
「封筒・・・なかなか奥深いぜよ・・・
と、よく分からない渋めのキャラで呟いちゃいますね。
で、そんな封筒の奥深さを皆様にお伝えしたいと思ったので、
このブログ上でお伝えしてゆこうかと。
実はこの会社ですね、
他所じゃ真似できないようなスゴイ技術もってたりとか、
度肝を抜かれるような新商品開発してたりとかするんです。
でね、その
「え?めっちゃスゴくないですかそれ?」
って思うようなことをですね、
まだまだぜんぜん宣伝できてないんですわ。
もうほんと僕、腹が立っちゃって…
「こんなもったいないことあるかい」と
だからこれからは僕が、
そのあたりをガンガン皆様にお伝えしていこうと思ってるわけなんですよ
宣伝部長として(←誰にも任命されてませんけど。)
ですので皆様、
ちょっとだけ、ほんのちょっとだけでも、
楽しみに読んで頂ければ嬉しい限りですので、
どうぞよろしくおねがいします