封筒奮闘日記

2011年03月24日(木)

できっこないをやらなくちゃ

が投稿しました。

まいどです。最近ようやく封筒のことが分かってきた南です。
毎日封筒のことを考えて仕事していても、毎日封筒のことで分からないことが出てきます。
封筒って思っていたよりずっと深いようです。
変わった形状の封筒製作依頼というのもよくご依頼頂けるのですが、これがまた厄介でいて面白い。
「こんな形の封筒できますか?」と写真を見せて頂き、「うわ…!?どうやって作ってるんやこれ…。」と内心焦りつつも、なにはともあれ出来るかどうか試してみるのが当店のスタイル。
手間も時間もかかることではあるのですが、もし出来たならお客様に喜んでもらえることはもちろん、当店の知識や技術もアップするので、やる価値は十分にあると考えています。
それで最近、変わった形の封筒は展開図を手書きで書き出したりしているのですが、あまり経験のない私には中々難しい…。
マチ付き展開図
BlogPaint
実際に切って貼って作ってみると、変なところが飛び出てたりなんてしょっちゅうです。
というか、切って貼っての時点でよくずれます。封筒の品質を高く保つことの難しさが少し理解できました…。
でもそんなヘタクソな1枚の展開図でお客様にOKを頂き、実際にかっこいい封筒になって仕上がってきたのを見ると、なんとも言えない満足感でいっぱいになるのです。
当店ではお客様の「こんな封筒できるかな?」という声をお待ちしております!
 
    

2011年03月14日(月)

お悔やみとお見舞いを申し上げます

が投稿しました。

この度の大地震で亡くなられた方々へ、お悔やみを申し上げます。
また被災された方々へ、お見舞い申し上げます。
まだ救出されておられない方がたくさんおられるそうで、早期の救出を心より願うばかりです。
押し寄せる津波と破壊される家屋、
一面に広がる火災、
被災された方々の今の状況を見聞きし、
非常に心が痛みました。
私は関西在住ですので、
直接的になんらかの被害を受けているわけではございません。
しかしこういった災害による被害は決して他人事ではなく、
今こそ日本人として、人として、何かをしなければならないという気持ちになりました。
(10年から50年以内には東南海地震がくると言われています。決して他人事ではありません。)
一人一人が少しずつでも行動を起こせば、それは大きな力となるわけであり、まずは自分から行動する所存です。
今回亡くなられた方々、被災地の方々、本当に、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。
    封筒屋どっとこむ 南

2011年03月07日(月)

初めましては、やはり顔から?

が投稿しました。

はじめまして
この度ブログを書かせていただくことになりました、封筒屋どっとこむ出荷担当の福崎と申します。
初めましてのブログに何を書こうか少々迷いつつ、この間拝見してきた展覧会について少々。
国立国際美術館で開催されていた、「ウフィツィ美術館 自画像コレクション 巨匠たちの「秘めた素顔」 1664-2010」です。
長いタイトルですが 中身は名の通り、画家自身の描いた自画像だけが展示されている展覧会です。
絵画が収集されている年代が広く、自画像の歴史のようなものも見る事ができましたし、何より芸術家が様々な表現や強いこだわりを持って、自身を表現する絵画に向かわれている姿勢を感じる事ができたのが、とても面白かったです.。゚+.(・∀・)
自身を表現すると言えば、封筒も会社や個人の方を表現する「顔」となれる存在だと思っております。
もちろん、会社や人の数だけそれを表現する手段やこだわりも違うと思いますので、何かこだわった封筒が作りたいやこんなのできるのかなとか思われましたなら、お気楽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください! ヾ(=^▽^=)ノ
追記
ブログを書くにあたり、先輩方から「ネタ楽しみにしてるから」と、妙なプレッシャーをかけられていたのですが、
そんな大阪人だからって何でもかんでも面白おかしくなると思ったら、
大間違いです

2011年03月05日(土)

今年の封筒屋どっとこむはひと味ちがうぜ!

が投稿しました。

まいどです、南です。
最近、封筒屋には新しくて面白いアイディアがどんどん舞い込んできており、それを形にすべく奔走しております(主に社長が)。
まだまだこれからといった段階ではありますが本当に面白いアイディアなので、実際に形になった時のことを考えるとワクワクします。
と同時に、封筒にもまだまだ新しい可能性が隠されていたことに驚きました。
現段階では内容をお伝えできないのが残念ではありますが、きっと良い形で皆様にご報告できる日がくるでしょう。
乞うご期待くださいませ。
P.S
そういえば最近、うちのスタッフが一人、いきなり坊主にしました。
春先取りと呼ぶにはちょっと早いですよね。
絶対「もうそろそろ春だし坊主にしよう」
と思って刈ったものの、
「やべー早すぎた!寒すぎるぅ!」
となっているのが見え見えなのですが、
本人に聞くと
「朝、寝癖直すのがめんどくさいから切りました」
と、ポーカーフェイスで嘘付いてきます。
お客様の中にはうちの事務所まで直接ご来社頂く方もおられますが、
もしご来社された際に坊主のスタッフを見かけましたら、思いっきり不憫な目で見てあげてください。