封筒奮闘日記

2012年12月25日(火)

意外と身近なお客様

南が投稿しました。

まいどどうも、南です。
寒い季節は猫を抱くのが一番温かいです。
うちの猫はすぐ僕の上に乗ってくるので、ちょうど湯たんぽのような役目を担ってくれます。
多分相手も僕の上が温かいと思ってるはずなので、Win-Winの関係ってやつですね。
ただうちの猫は丸くて重くて10分乗られるともう辛いので、真のWinnerは猫のほうということになるでしょう。
DSC_0455
ところで最近、ポテチを買ったのですが、袋の裏面を見て興奮しました。
昔からのお得意様の社名がそこにあったからです。
なんだかよく分かりませんが、誇らしい気持ちになりました。
DSC_0513
パラダイスプラン様の封筒
※ 雪塩の封筒も作られています。
やはりネット販売という仕事をしていますと、お客様は全国にいらっしゃる訳で、
もちろんお会いしたことのないお客様がほとんどです。
リアルで会って商談をした場合、相手がどういう人でどういう会社さんか分からない、
ということはまずないでしょう。
しかしネットではいかんせん、そのあたりのコミュニケーションが希薄になりがちと申しますか、
回線の向こう側のことがよく分からない、ということが多いです。
だからこそ、ふとした機会にお客様の名前を目にすると、なんだか嬉しくなっちゃいます。
「お、あのお客様はこういうことをしてたのか!」とか、「こんなところにお店出してはるんや!」とか。
昔の同級生をTVの中で見かける、そんな感覚に近いかもです。(← 例えて逆に分かりにくくなるパターン)
ネットであっても、「人対人」であることに変わりはないので、それを当たり前に大切にできる店でありたいと思います。

2012年12月25日(火)

Christmas tree

藤本が投稿しました。

写真 (1)写真 (2)
Merry Christmas!
藤本です。
今年は、母が送ってくれた、ミニオブジェになるカードを飾りました!
実は今やるべきことが遅れていて冷や汗かいているのですが、
今年後少し、がんばって乗り切ります。
皆様もどうぞ、よいお年をお迎えください。

2012年12月17日(月)

冬は良いけれども。。。

福崎が投稿しました。

こんにちは。封筒屋どっとこむの福崎です。
最近めっきり冷え込んできましたが、もこもこが手放せない時期です。
スリッパ
特にこのスリッパは足を冷えから守ってくれる必需品です。
しかし冬は大活躍ですが、よく考えたら年がら年中、夏の間も履いているのは
さすがに少し考えないといけないかなと、画像に収めてみて
ふと思いました。
端から見たら、暑苦しいですね。。。

2012年12月11日(火)

ポルトガルのクッション封筒

鳥山が投稿しました。

こんにちは。鳥山です。
「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」時期にふさわしく、
都会でも雪が降りました。
何か目的もたないと、外に出たくない日々です。
今日はポルトガルのクッション封筒をご紹介。
DSCN1181
ポルトガルの郵政も赤色をメインに使っているみたいですね。
1kgまでの荷物で使用する緩衝材入りの封筒です。
DSCN1182
グラシンテープ付きなんですけど、
フタの形に加工されています。
貼ってから型抜きしているみたいです。
写真では分かりにくいですが、
封入口に透明のフィルムで加工されている個所があるのですが、
口糊の貼り合わせ部分とは重ならないし、
よく分からない部分です。
サイズは115mm×215mm。
ポルトガルらしさは感じないけど、
ヨーロッパらしいオシャレな封筒です。

2012年12月08日(土)

ブラック&デッカー!

が投稿しました。

どうも、杉村です。
最近掃除機を買いました。
その名も「ブラック&デッカー フロアフレシキー」

写真 2012-12-02 19 54 00

大声で叫ぶと必殺技みたいな名前ですね。
「ブラック&デッカーッッ」 
「フロアフレシキイイイイイイイィィィィァァ!!!!」

(使ってみた感じ、よく取れます。)

2012年12月03日(月)

インターンフェア

南が投稿しました。

南です。
寒いけど昔買ったコートが気に入らないので着ていません。
ダサいか寒いかなら寒いをとります。
が、寒すぎるのでいい加減ダサいをとってしまいそうです。
冬でもミニスカート履き続ける女の子にリスペクト!
ところで昨日、NPO法人JAEさんが運営するインターンシップフェアに行ってきました。
学生さんが100人以上集まっていて、その中で自分の会社の説明をするわけです。
一発目は社長が全員相手にマイクを握ります。
DSC_0500
遠いですが、前で一人立ってるのがうちの社長です。
この人数相手に普通に話ができる社長と、冬にミニスカート履いてる女の子にリスペクト。
続いて各会社ごとのブースに学生さんがきて、より詳しく会社の紹介を行います。
僕のトークでは全然うまく伝えられなくて、撃沈しました。
話術がないのと、自分のなかで簡潔にまとめる能力が低いのと、まぁ色々です。
学生さんからすると、変な汗グッショリで話の長い変なオジさんだったに違いありません。
(社長をルフィに例えたくだりなんかはもう、最悪でした。過去に戻って黙らせたいです。)
今回は色々反省点が多かったのですが、こういった場にくるような意欲のある学生さんたちに
もっと魅力的に思ってもらえるような会社にしないといけないなと、気合が入ったのは収穫でした。