封筒奮闘日記

2013年04月27日(土)

テープを真っ直ぐ貼る。

が投稿しました。

どうも、出荷の杉村です。

ガムテープや透明テープは、気を抜いて貼ると綺麗に貼れない、という話です。

1日の出荷で使用するガムテープは、どのくらいなのか想像できるでしょうか。

答えは、1本と半分!

実は1日に1本、ガムテープを消費しているのです。
(家では1本使い切る前に無くなってしまう杉村です)

もうほとんどガムテープと一緒です。一緒に過ごしております。

そんな1本消費するガムテープですが、これを綺麗に貼るのはなかなか難しい。

真っ直ぐ貼れなかったり、平らに貼れなかったりです。

「綺麗に貼ろう」という気持ちを少し持っていればそこそこ上手い事いきますが、急ぐ気持ちや、時間からくる焦りで、ついついガムテープを乱してしまいます。

どんなことにも言えますが、落ち着いて考えて行動するという事はやはりどんな場面にも現れるな、と思いました。

今日のベストテープ。

写真 2013-04-25 16 29 55

(透明テープなので分かりずらいですがスンゴイ綺麗に貼れています!!本当に!!)

2013年04月25日(木)

職場にある古いもの

藤本が投稿しました。

鉛筆削り

私たちの職場は、これは新しいぞというものと、古いものが、混在しています。
社長を先頭に新しいことに挑戦し、少しずつ改善を重ね、私が入社してからもずいぶん変化しました。一方、変わらないこともあります。

身の回りにあるモノも同じで、iPadやプリンタやサーバやらと増えていく一方、机などは年季が入っています。私のお気に入りの一つが、この鉛筆けずりです。

今は「鉛筆けずりなんてあったっけ?」という職場も多そうですが、これはさらに懐かしい卓上鉛筆けずり。本体はプラスチックではなく、金属製のずしりと重いタイプです。もちろん電動ではなく手回し式。螺旋の刃がかっこ良いです。

以前のこと、私ひとりで事務所におりましたら、社長が早足でやってきました。
上に書類が積まれた、オフィス定番の白いスチールキャビネットをカラリと開き、取り出した”それ”を机の上にどんと置き、キコキコキコキコしゃりしゅりしゃり。
元通りの場所に戻し、やはり早足で退出されました。
それが出会いです。

モーター音だったら、覚えてもいなかったかもしれません。
会社概要やPR資料では伝わりにくい、会社の空気をつくっているひとつです。

2013年04月20日(土)

大きい封筒( ̄□ ̄;)!!

谷口が投稿しました。

こんにちわ。春になり子供たちの進級の用意の買い出しに追われながら毎日封筒のデータを作成している2児のママです。(←長っ 笑)

封筒屋に勤めて約4年が経ちますが、この間見たことのない大きさの封筒を一年間で息子が描いた絵や作品を入れて持って帰ってきました

自分が通っていた頃は家から何か袋を持って行ってたような気がしますが、最近の学校はサービスが良いですね

封筒の大きさを分かりやすくするために長3封筒(120mm×235mm)を置いてみました

577e2d1e
で、でかい・・・( ̄□ ̄;)!!

この封筒をもって歩いている小学生
6年生でも大きいやろうけど、1年生のウチの息子にはかなり大きく笑けました

2013年04月18日(木)

こんな時にも!?

が投稿しました。

4月ってこんなに暑かったかなぁ?と思いながら、
汗だくで走り回っているインターン生の田中です。

現在、展示会の準備も進めながら、
名刺DE封筒や小さいサイズの封筒の印刷も
担当させて頂いています。

今月の初めに展示会用にと、
名刺DE封筒を立てるケースを作ったのですが、
なんとこれが印刷の際にも大活躍♪

測って間隔を決めたわけではなかったのですが、
ちょうど20枚が綺麗に収まるではありませんか!

dd6f7005

20枚がスポッと入った時のあの感動…

今までは、印刷しながら、商品を箱に詰めていくと
途中で枚数が分からなくなるので、
何度か数え直していました。

でも、これを使えば、見ただけで枚数が分かるので、超便利☆

自分で作っといて、展示会の時しか使い道はないだろうと
勝手に思っていましたが、意外と使えるいいやつでした。

展示会でも「これめっちゃ便利やわ~」って言われたらいいなぁ。

2013年04月15日(月)

細長い封筒

南が投稿しました。

まいどこんちわ、南です。

以前からよくご注文いただく、細長~い封筒の数々。
f7764099-s

お客様のことを知ると、大体何に使われるかは想像がつきますが、
たまに「どんだけ細いねん!ほんでどんだけ長いねん!」とツッコまざるをえないような
細長さを誇る封筒もあり、そういったものに限って用途不明で気になって気になって、
最終的にはお客様に直接聞いてみたり。(迷惑かけて申し訳ないです。。。)

まあそんな細長い封筒も、やはりこれだけご依頼があると何か企画をしたくなるものです。
というか、もう既に案はありまして、近いうちに新企画、というか新商品?という形で
発表できればと思っています。
ご期待くださいっ

2013年04月13日(土)

新しい出会い

福崎が投稿しました。

こんにちは。封筒屋スタッフの福崎です。

最近、新しい紙との出会いがありました。
その名も、「NTスフール」
20130413_110300

触ると滑らかでコーデュロイの様な質感です。
紙屋さん曰く、「ぬめっ」としております。

一見、普通の紙なので触った時にかなりびっくりします。
特殊な紙で値段が張ったり、通常のオフセット印刷では裏移りの危険性が大きかったりと
扱いには難しい紙ですが、インパクトは大です。
※裏移り等、汚れが出やすいのでUV印刷をおすすめしております。

2013年04月09日(火)

両面印刷

が投稿しました。

4月に入り衣替えを行いながらウキウキしつつ、

まだ春服は若干肌寒いなぁと思っている榊原です

 

特注製作の印刷は、封筒組み立て前に封筒の表裏(宛名面と差出人面)を同時に印刷します。

その為、裏面も印刷するという事は封筒の内側を印刷する事になります。

私の中で「裏面を印刷する=裏地紋を印刷する」という

固定観念がある事に気付きました

IMG_0228

作品事例 http://collection.fuutouya.com/2644.html

見積り作成の際、間違った固定観念を持たず真白な状態で提案できる様、

心がけていきたいと思います