封筒奮闘日記

2013年10月28日(月)

ちいさな冊子

が投稿しました。

どうも、印刷の杉村です。

最近私は小さな冊子を作っております。

ちいさな冊子

こんな冊子です。
紙を2つに折ったものを2枚重ねてホッチキスで留めております。8ページ。

中身は「封筒屋どっとこむ」と「封筒屋どっとこむPRO」の会社案内です。

なぜ小さい冊子に会社情報が書いているのか。
それは、

名刺DE封筒

当店の商品の『名刺DE封筒』にすっぽり入ってしまうのです!

名刺交換をし終わってからでもこの冊子に目を通して頂ければ、当社がどんな会社なのか簡単にわかってもらえるようになっています。

今回の冊子は「会社案内」として使っておりますが、デザイナーさんであれば簡単なポートフォリオにもなりますし、創作をしている方でしたら、自分の作品を載せてもおもしろいと思います!

(水面下で個人用の「名刺DE封筒」と「ちいさな冊子」作りを目論んでおります。見積り出してもらわないと・・・)

2013年10月17日(木)

データ作成(*^m^*)

谷口が投稿しました。

こんにちわ。データ担当の谷口です。

封筒屋には「そのまんま封筒」というサービスがあります。

その名の通り、お客様の封筒を「そのまんま」再現するサービスです。このサービスをご利用されるお客様は印刷データもない方が大半なので送られてきた見本を元に私がデータを作成します(^-^)

封筒屋に入って早4年。

数えきれないくらいのデータを作成してきました!

物凄く簡単なモノから物凄く難しいモノまで・・・

私は「トレース(いわゆる写し絵みたいなモノです)」と呼ばれる作業が大好きで、難しければ難しい程ヤル気が出てきます(笑)逆にトレースなしの文字のみとかだと、物足りなく意気消沈したりする事もあります( ̄□ ̄;)!!

なので・・・

これは絶対そのまんま無理やろぉと思われている封筒でも一度、当店にご相談ください!!

力の限り再現できるように努力します((≧ω≦))

でも無理な時はゆるして下さいね〜(♥´人`)

 

2013年10月10日(木)

日常を切り取る

鳥山が投稿しました。

こんにちは、鳥山です。

普段は事務処理メインのため、製作現場が新鮮な時があります。
写真は封筒製袋機の一部ですが、
なぜか長い鉄棒の位置が気になります。無機質な感じが何故か心地よかったりします。
いつもは機械がぐるぐる動く動作に見入ってしまう事が多かったのですが、
今回の気付きは新鮮でした。

視点の切り取り方で新しい発見があるので、
普段見慣れている景色でも、出来るだけ変わった見方をする様に
最近は心がけています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2013年10月10日(木)

かわいいやつ

が投稿しました。

IMG_1129

 

 

おちゃめに笑っているやつ↑は藤本さんからお土産で頂いた

ぴーなっつ最中です。お菓子のパッケージです。

なんとも憎めない笑顔でパソコン作業をする私を癒してくれました。

 

ですが、空腹にたえれず卓上に飾られて3日目

食べてしまいました…。。

ごちそうさまでした

2013年10月07日(月)

名古屋へ

高田が投稿しました。

2度目の投稿、システム担当の高田です。

 

封筒屋どっとこむではお客様からのご依頼や発送を

FileMakerというデータベースソフトを用いて、管理しています。

 

先週の土曜日に、そのFileMakerに関するセミナーがあったので

名古屋まで行ってきました。

実は名古屋に行くのは生まれて初めてで、セミナーへの参加ついでに

名古屋城も見物してきました。

th_DSC_0157-1

 

城の中にはいろいろな展示物や、名古屋城の代名詞とも言えるシャチホコの

資料が置いてあり、歴史好きとしてはかなり楽しめました。

下の画像は天守閣にあるものと同サイズのシャチホコの模型。

乗っかって記念写真も撮れるので、小さいお子さんや海外からの旅行客に

大受けしてました。

th_DSC_0161-1

もちろん、当初の目的であるセミナーもしっかりと受けてきました。

下は20代から上は70代まで、来ている年齢層や立場もさまざまで

それらの方と意見交換の場も設けて頂き、すごくいい刺激になりました。

僕ももっと頑張って、人に教えられるくらいにまで知識を身につけないと。

 

で、セミナーも無事に終わり晩ご飯。

やはり地元の食べ物を味わう事こそ、旅の醍醐味です。

計画では名古屋名物、櫃まぶしを食べようと思っていたんですが、なかなかお店が見つからず

ついつい香ばしい味噌のにおいにつられて、みそ田楽を食べることにしました。

みそ田楽って関西ではあまり見かけないし、これはこれでありかな。

th_DSC_0163-1

手前に並んでいる串がみそ田楽。写真だと、でかいヤキトリに見えなくもないですね。

それと頑張った自分へのご褒美にスイーツならぬ、冷酒を一杯。

豆腐中心のあっさりとした副菜に、菜飯、甘辛味付けのみそ田楽。

そして、合間にお酒を一口。最高でした!

2013年10月03日(木)

次回からタッグで

加藤が投稿しました。

封筒屋どっとこむ加藤でございます。

 

封筒屋どっとこむ在籍期間、2か月が経ちました。

まだまだ規定打席には到達できません。

 

スポーツの秋

食欲の秋

芸術の秋

読書の秋

 

そんなに秋は長くはありません。

 

過ごしやすい季節の一つ、「秋」。

 

この季節には結婚式が多いそうです。

 

結婚式には、「招待状」が欠かせませんよね。

 

高級な紙を使って、素敵な招待状を依頼する方も

多くいらっしゃいます。

 

やっぱり、紙が高級になると

インパクトも仕上がりも素敵です。

 

枚数がそんなに多くならないので、かなり割高にはなりますが

やっぱり大切な思い出の一品になりますので

みなさんそこは惜しみませんね。

 

様々な方の個性がでて、やっぱり「紙」も

重要だなぁ~と、

こちら側でも大変勉強になります。

 

いつか誰かとアラベール

それでもきっとマーメイド


 

2013年10月02日(水)

職人の手

が投稿しました。

どうも、印刷の杉村です。

僕は印刷業務の他にも会社の写真を担当しています。

主に、「商品の写真」「お客様の封筒デザイン集」をメインに撮っていました。
最近だと「工場の写真」を撮影しています。

この写真を通じて「もっと工場を身近に感じてもらえたら」と思っています。

印刷機から離れて、工場へ用事のある時はカメラを持って行きます。
商品の写真や作品事例の写真を撮る時とは違い、働いている姿を撮るのはとても難しいと感じています。

実際に工場へ行き、動いている機械の前で働いている姿を撮影していると発見がありました。
それは「働いている人の手はとても魅力的だな」という事です。

オフセット印刷機
写真は、工場の4Fにあるオフセット印刷部で撮影しました。

印刷機を回している先輩職人の手です。

写真を通して、工場を少しでも身近に感じて頂けたらと思います。