封筒奮闘日記

2013年12月27日(金)

今年も終わり

が投稿しました。

私が出荷に入ってもう半年経つのですが

本当にあっという間でした…

また来年も一年元気に過ごせるよう

頑張ります。Murata-60x60

2013年12月19日(木)

路面電車リニューアル

鳥山が投稿しました。

IMAG0265

何て事の無い、電車内の写真です。

ディスプレイがある電車なんていくらでもあり、珍しくないのですが、
私が普段利用している路面電車の中にあるとなると、画期的な事なのです。

今でも紙の回数券で一回ずつ使うのにミシン目でちぎって、運賃箱に入れています。
ただ、全てにミシン目がある訳でなく、
折目の部分はミシンが無く、
毎回上手くちぎれる様に、注意してちぎっています。

降り口は一ケ所ですが、満員の時は入り口から降りて
出口の所で定期を見せたり、お金や回数券をつり銭箱に入れたりと、
タダ乗りしようと思えば、簡単に出来る様な感じの電車です。

あと、エアコンの温度調節が出来ないようで、
冷たいか暑いのかのどちらかです。
着る服にはいつも困ります。

そんなレトロで愛すべき路面電車にディスプレイが付き、
まだ稼働していないですが、カードで支払いが出来る様な機械も入り口につきました。
とうとうここにも時代の波が押し寄せてきたみたいです。

私的にはハイテク化する事に抵抗が無く、嬉しい事なんですが、
出口が1ケ所になるので、満員電車の時の降り方が今から心配です。
2013年12月16日(月)

警察とネックウォーマーと私

高田が投稿しました。

みなさん、こんにちは。

システム担当の高田です。

年の瀬も迫り、寒い日が続きますね。

 

小学生の頃はオールシーズン、半ズボンで過ごしていたんですが

年々寒さに弱くなって来ているのか、30歳を過ぎたあたりから

冬になると防寒用のシャツにメンズタイツ、さらに

首にはネックウォーマーと完全武装するようにしています。

 

特にネックウォーマーはお気に入りで、頭からすっぽりかぶるので

マフラーと違って、風でほどけることもないし、着脱も簡単ですし

くるっと丸めて、鞄に入れるだけと片付けも手間いらず、といいことだらけ。

個人的には冬のマストアイテムです。

 

ただ、以前、風邪をひいていた時に首どころか口までネックウォーマーで

すっぽりと覆っていたところ、警察に呼び止められて職務質問を

うけたことがありました。

その時は会社の先輩と一緒に車に乗っていたんですが、その先輩の車が

バリバリの改造車だったため、職務質問から解放されたあとで

「そんな口まで隠して、不審者っぽいカッコするから」

「いや、先輩の改造車のせいです、絶対」と原因を互いに

なすりつけあうことになりました。

ちなみに第三者のジャッジによると、「どっちもどっち」とのことでした。

 

というわけで、その時のカッコを再現してみました。

securedownload-1

うん、どこからどう見ても立派な不審者です。

皆さんも、ネックウォーマーを付けて外に出る時は警察に気をつけてくださいね。

2013年12月12日(木)

サンタ狩りの時期ですね

加藤が投稿しました。

クリームシチューをカレーの様にシチューライスにしてしまう
見積担当の加藤です。

冬将軍到来の季節です。
シチューは、冬には欠かせませんね。
豆乳鍋と同じぐらい好きです。

ところで当店で今の季節は、お客様が大変急いで
駆け込んで来られます。師走ですから。

私たちもなるべく早く、お届けしたいのですが
やはり封筒の製作には、少しお時間がかかるのです。

お客様の印刷データの確認→お客様にOKを頂くデータ確定。

紙の仕入→印刷→封筒への製袋。

本当は、紙の断裁や展開図作り、窓加工などありますが、
ざっくりするとこんな流れなのです。

印刷後は、かわかす必要もありますので、2日から3日ほどかかりますし、
あとは、枚数にもよってお時間が延びたりします。

やっぱり1週間から10日前後は、必要になって参ります。

出来る限りお力添えを致しますので、何卒ご了承ください。

そういえば、ロヴァニエミ行ったことあります?

2013年12月10日(火)

とある紙の展示会の模様

垣内が投稿しました。

皆さんこんにちは!  4回目の投稿をさせていただく垣内です。

 

前回私の好きな紙ということで投稿させて頂きましたが、今回はとある紙の展示会に

行って参りましたので、その模様をお伝え致します。

 

1か月ほど前、大阪の心斎橋のあたりで催されたものです。

 

テーマは「紙の素材でデザインを表現」というもので、紙の質感、素材感で作品を作るというもの。

ちょうど小学校や中学校の教室位のスペースでしたが、1時間以上の長居をしてしまいました。

 

その中で、個人的に面白いと感じたものをご紹介します。

まず、こちらの白い紙に3のような模様がいっぱい描かれている作品。

NCM_0515

 

 

 

 

全て、お饅頭の真ん中に押されているような”焼印”で描かれています。

色ムラは全て焼き焦げの跡です。 裏面をみたら所々焦げ跡が移っており、失敗に見えますが、いい味になっています。

発想力に脱帽した一品でした。

 

お次は、葉っぱに模した紙がメモ帳になったもの。

NCM_0514

NCM_0513

 

 

 

 

写真ではわかりづらいかもしれませんが、葉脈まで表現されていたり、ちゃんと枯葉っぽく端が欠けてるものもあったりと、リアリズムを追求したかのような一品。 ケースもかわいいです。

最後はこちら。

 

NCM_0516

 

 

 

 

マシュマロのような丸い質感で、思わず手に取りたくなるケース。これも紙で出来ています。中にプラスチックのケースがあって、それに張り付けているわけではありません。 紙を細かく曲げて、この曲線を表現しているようです。

ちなみに右に写っている小さい四角の箱はアイフォンケースでした。

紙のアイフォンケースとはまた斬新!

 

今回ご紹介したのは、本当に一部で、まだまだ展示品があり、非常に面白い展示会でした。

また日程が会えば行きたいものです。

 

それでは、師走のこの時期、皆様もどうか体調管理にお気を付け下さい!

 

 

 

 

2013年12月09日(月)

封筒屋あるある

福崎が投稿しました。

こんにちは。封筒屋どっとこむの福崎です。

今回はちょっとした封筒屋あるあるのご紹介です。

 

【その1 家に届く封筒の作りが気になる】

家に封筒が届くと、しげしげと観察します。

貼り合わせ、紙質、厚み、窓の大きさなど、見積をシュミレートしだします。

当店では難しい加工の封筒が届いた場合何だかくやしい。

 

【その2 紙の銘柄や厚み、封筒のメーカーが分かるようになる】

紙を触ると、銘柄と厚みが頭の中に出てくる様になります。

また既製品封筒でも「このメーカーのものかな」の検討が付く様になるという。

普段、「〇〇さん(メーカー名が入ります)の所の封筒だ」と言うと、友達に驚きの声とともに若干ひかれます。(経験済み)

※ちなみにこのスキルは当店の「そのまんま封筒」というサービスにおいていかんなく

発揮されます。

 

日々の生活では活躍の場があまりないのがたまに傷ですが、これからも

そんなあるあるスキルにも磨きをかけつつ、より良いサービスをご提供出来るように

がんばっていきます!

2013年12月04日(水)

身についていくスキル

が投稿しました。

どうも、印刷の杉村です。

先日、封筒に帯を掛ける機械を使っていたところ、同じ印刷部の人に
「杉村さん、いろんな機械使えますね」と言われた。

よくよく考えてみたら、確かにいろんな機械をさわっている。ちょっと気になったので今僕が使える機械をリストアップしてみた。

・印刷関連
 ・オンデマンドフルカラー機
 ・オフセット1色機(修行中)
 ・オフセット4色機(修行中)
 ・製版機(オフセット印刷で使う版を作る機械)

・カッティングプロッター(細かいカットができる機械)
・帯掛け機(帯を掛ける機械)
・紙折り機(紙を2つ折りにしたり3つ折りにする機械)
・切りっ子(名刺カットやポストカードの小さいものをカットする機械)
・筋入れ機(紙に筋を入れる機械)
・断裁機(一度にたくさん紙を切る機械)
・結束機(段ボールなどを止める機械)
・デジタル一眼レフ

たまにしか使わないものや、修行中のものもありますが、ざっと12種類。

いつの間に…

例えば、三つ折りのチラシ作成依頼があって、印刷に必要な紙がない場合、余っている原紙(大きい紙)から印刷に丁度いいサイズに切るために『断裁機』を使い、『オンデマンド機』で印刷。
印刷後、塗足しをカットするために『切りっ子』を使い、出来上がったチラシを三つ折りするために『紙折り機』を使う。

ああ、なるほど、こういうことの積み重ねでできることが増えていくんだな、と思いました。

それぞれ機械をマスターできるように頑張ります。

一色機
画像は現在修行中の一色機です。印刷部の先輩が掃除しています。
また詳しく印刷機の説明もしてみたいです。

2013年12月02日(月)

鳥山ゾンビ来襲

南が投稿しました。

まいどどうも、冬になると毎年パッチ(ももひき)の素晴らしさを人に説いている南です。

パッチ愛用歴10数年。不動のNo.1防寒着ですね。履いてない男性諸君は是非履いてください。

世界がきっと変わります。(パッチ業者の回し者ではありません)

 

さて、流行っているスマホのアプリのひとつに、人の写真を撮って色々と加工するタイプのものがあります。

以前からあるのは写真の顔を太らせたり老いさせたりするものでした。

最近は人をゾンビ化させるアプリがあるということで、早速ダウンロードし、試してみました。

ターゲットはもちろん、最近何かと露出度の高いMr.鳥山です。

 

【素の鳥山】

素鳥山

 

【 ゾ ン ビ 化 】

鳥山ゾンビ
…….怖ッ!!!
こうゆう面白いアプリとかって、発想できる人ほんと、尊敬しますわ。
ちなみにこのゾンビ、画面を指でつつくと動きます。
「ゾンビブース」ってアプリで、Androidは対応してました。
暇な時でもお試し下さい(^3^)