封筒奮闘日記

2014年03月13日(木)

バスフィッシングはなぜ面白い!?

垣内が投稿しました。

封筒屋ブログをご覧頂いている皆様、お久しぶりです。

営業担当の垣内です。

三寒四温を繰り返し、いよいよ春が近づいてきましたね。

さて、今回ブログのネタはずばり「ブラックバスを狙う釣り=バスフィッシングは何故面白いのか」です!

どこぞの釣具屋の回し者と思われそうですが(笑)

 

 

まず、バスフィッシングの魅力を語ると、必ず聞かれる質問があります。

それは『バス釣りってキャッチ&リリースなんでしょ?釣っても食べないのに、何が面白いの?』

という質問です。

 

実際ブラックバスは食べられます。元々は日本でも1925年に静岡県で食用目的で輸入をされたのが始まりと言われているほどです。

本場アメリカでもフライなどで食べられているそうです。

 

でも、バスフィッシングをするのは食べるのが目的ではなく、「戦略を立てて、狙って釣ること」が目的なんです。

 

ずばり、その戦略の幅が広いのがバスフィッシングの魅力なんです!

戦略とは「魚の習性」「釣り竿・リール・釣り糸・ルアーなどの道具の選択」「環境(釣り場)の分析」の3つがあり、それらを複合してゲームを組み立てます。

 

例えば、ブラックバスは淡水の湖、池、川などに生息していますが、湖底の地形・木や岩のある位置・天候・水温・風の向きなどからある程度魚のいる位置が特定できます。

 

例えば、人間でも立ち止まって休憩しようとして、道のど真ん中に突っ立っている人はいないですよね? カフェに行かなくとも、壁際や柱等に行きますよね?

魚も同じで、湖底の山なりになったところや、大きな岩など何かしら“変化”があるところを好みます。

暑ければ影になっているところ、寒ければ日当で北風の防げるところに魚は着きたがります。

 

さて、魚のいる場所は推測しました。 そこに魚を釣る為の“ルアー”という疑似餌?を投げ込みます。 

ここでもよく聞かれる質問があります。それは『なんで生きエサじゃなくルアーを使うの?』という質問。 

ずばり生きエサでも…いや生きエサの方が10倍釣れます。

実際2010年ごろに琵琶湖で世界記録のブラックバスが釣られましたが、生きエサで釣ってます。

 

じゃあ何でわざわざ釣れにくいルアーを使うのか?

 

かっこいいから? 経済的だから? 

 

 

長くなりましたので、答えは来月のブログ担当の時にまた書かせて頂きます。(^皿^)

 

 

ヒントは人間の手を使う場面をイメージしてみて下さい。魚は人間と違い、手がありません。

手を使うのは食べ物を取る為だけですか?あなたは目の前に虫とか何かが急に飛んできたらどうしますか?

虫や野良猫が家に入ってきたらどうしますか? 見たこともないものが目の前にあったらどうしますか?

 

 

ちなみにルアーの写真も載せておきます。(参照:ボーマー社 ロングA)

image
imageせなか
imageはら

おなかと背中で何故こんな配色にしているのか? そして、なぜこんな全くエサっぽくないカラーリングにするのか?

 

それでは、また!

 

2014年03月10日(月)

金色にクギ付け。

鳥山が投稿しました。

こんにちは。鳥山です。

 

最近見た目豪華な封筒作りました。
金色に輝く封筒です。

IMAG0391

サイズはぽち袋サイズで、見た目、紙の質感で「おぉ!」となりました。
光沢と固めな紙質が中に入れる何かを、取り出す前に豪華にしてくれます。

内側は白色になります。閉じて使う分には気になりません。
ただ少しだけ注意点があります。
通常の紙よりも貼り合わせの糊が弱めです。
普通に使う分には問題ないですが、繰り返し使用したりすると
はがれやすくなりそうです。
ですが、今手元にある封筒はしっかり糊付されています。

この封筒は印刷なしですが、印刷は特殊なインク(合成紙用インク)が必要です。
そして紙の値段が少しお高めです。

ハードルは高いですが、いい封筒に仕上がっています。
特別な日の為に作成するのもあり、だと私は思います。

銀色もあります。
IMAG0394
2014年03月06日(木)

虫さされの薬ではありません

高田が投稿しました。

どうも、システム担当の高田です。

最近、食べ物ネタが多いので僕もその流れに乗っかりまして

食べ物の話題を一つ。

 

先日、社内の方からキンカンを頂いたんですが

「キンカンいりますか?」と言われた時に、どういう物かわからずに

一瞬頭に?が浮かびました。

もらって実物を見てようやく、「あぁ、これね」的な感じでした。

 

同じくキンカンをもらっていた人が「これって皮を食べるのよね」とか

話しているのを聞いて、「え!?そうなん?」って思いました。

ネットで調べてみると、確かに皮が甘くて中身は酸っぱいとありました。

「あっぶねー、知らずにあやうく、皮を剥ぎ取って中身だけ食べるとこだった」

本当に無知ですいません。

 

それにしても、皮のほうが甘いなんて、知らなきゃ絶対にわかりませんよね。

もう少しで、ダマされるところでした。

キンカン・・・恐ろしい子!

 

というわけでですね、家でキンカンの甘露煮を作ってみました。

DSC_0191

温めてる最中にキンカン汁ブシャーになってしまったやつもあって

見た目はちょっと残念な出来ですが、うまかったです。

柑橘類は大好きだし、まだキンカンも余ってるので

他にも色々なものを作ってみようと思います。

2014年03月03日(月)

もやもやを激辛に乗せて

が投稿しました。

こんにちは、印刷の杉村です。

先日、ちょっとだけ もやもや~ いらいら~ しくしく~ っとくることがありまして、何をするにもしんどい日がありました。

こういう日は本当になんにも上手い事いきません。好きなマンガや映画を見たってなんにも心に響いてこないんですよ。

楽しむためのエンターテイメントが楽しめない!こんなしんどい心に響くのはネガティブソングくらいです!
(そしてまたどんどん沈んだ気持ちに・・・悪循環ですよね)

このしんどい気持ちは、早急に断ち切らないといけません!

僕は一つ、方法を知っています。

それは、

カレーです!

「なんだカレーかよ!」と思いました?

しかしただのカレーじゃありません!

本場のインド人が作っています!

しかし、ただインド人が作っているわけじゃありません!

本場のインド人が作る、辛さ30倍の超激辛カレーです!!

※余談ですが、辛さは以下の通りになっています。

甘口
普通
中辛
辛口
激辛
超激辛

これを食べるだけで もやもや は消えてしまいます。

つまりどういう事が起こるのか。

まず食べ始めると、とても発汗しだします。
次に舌の感覚がなくなってきます。
胃がドクンドクンと脈打ってきます。
涙がぽろぽろ流れてきます。
そして感覚のなくなった舌と喉が痛くなってきます。

なんだかカレーを食べているのか食べられているのかわからなくなってきます。
まさに食うか食われるかの戦いです!!(ホントに)

この戦いに勝った頃には、気持ちは晴れて、もやもやはどこかへ行ってしまいます。

もやもやしてた時には気付かなかった、いい風とか、月とか星が光っているとか、そういう身近な事も見えてきます。

ずっともやもやした気持ちと付き合わなくてもいいんです!
直ぐに晴らして、マンガや映画や美味しいものをいっぱい楽しみましょう!

※ただ、翌朝のトイレは覚悟が必要です・・・