封筒奮闘日記

2017年10月21日(土)

大阪勧業展に出展しました。

裕幸が投稿しました。

こんにちは。
孤高の(孤独の)ビジネスソリューション部、ウエサキです。

いつも封筒ふんとう日記をお読み頂きありがとうございます。

先日、10月18日、19日とマイドーム大阪で開催されました、大阪勧業展に出展させて頂きました。

大阪勧業展とは大阪商工会議所等が中心となり、大阪の様々な業種の企業が商品やサービスをアピールする展示会です。
今回も昨年に引き続き、スマホアプリ制作のPRをメインに出展させて頂きました。

image18
 
image39
 
image18
 
 
しかし、スマホアプリというのは展示する”モノ”がありません。
こういうサービス系はポスターやチラシで訴求するのが一般的ですね。
 
ポスターやチラシはもちろん用意したのですが、弊社は封筒一筋55年の緑屋紙工のグループ会社。その強みを活かしました。
緑屋紙工では、日本一小さい封筒(自称)の機械で製造できる”プチ袋”があります。
 
プチ袋に関する過去記事:緑屋紙工が展示会「JP2016情報・印刷産業展」に出展しました。

そのプチ袋にこんなデザインをして展示会で配りました。
 
DSC_1388
(表面)
 
 
裏面
(裏面)
 
 
この封筒の表面の”忖度”という文字に、弊社のARアプリを入れたスマホをかざすと、シュールなARコンテンツが表示されるという仕組みです。
 
中にはカードが入っており、アプリの入れ方などを案内しています。
 
DSC_1392
 
DSC_1394
 
 

展示会では、自社のブースの前を通る来場者の方にチラシを配るのが一般的ですが、チラシだけだとなかなか受け取ってくれません。
 
 
ですが、この忖度プチ袋をいざ展示会で配ってみると、受け取ってくれる方の中にはクスっと笑ってくれる方もいらっしゃいました(ほとんど苦笑い)。
 
ちなみに、プチ袋の”忖度”という文字には、こんなARコンテンツが仕込んであります。
結構シュールです。
 
 


  
しょーもないと言えばしょーもないですが、こんな遊び心が大切だと思うんです。
いつまでも遊び心を大切にしたいなと思っています。

2017年10月13日(金)

どんな感情なのでしょう

加藤が投稿しました。

いつもお世話になっています。
封筒なんでも作っちゃう「封筒屋どっとこむ」の加藤です。

今回は私事ではありますが
2017年10月12日に家族が増えました。
4人になりました。

元気な女の子です。
少し小っちゃかったですけど。

第2子ということで、家内は出産前に
すべて準備しており、
入院の為の荷物・会社で必要な書類などなど。
陣痛がきてから慌てることなく、
産婦人科に行くことが出来ました。

追加で頼まれたのは爪切りぐらいでしょうか。

出産は真夜中でしたので、
目がさえてしまった長男2歳と一緒に立ち会うことに。
いつもは泣き真似をするだけで、
つられて大声で泣いちゃう子でしたが
出産中は苦しむお母さんを見て、
声ひとつあげずにボロボロと涙を流していました。

立ち会わせてよかったのかどうか。
よほど衝撃的だったのか、
それとも事態を把握して泣いていたのかはわかりませんが
彼はどんな感情だったのでしょうか。
今はお母さんと妹が帰ってくるまで、いい子でいてほしいものです。

DSC_0352

2017年10月02日(月)

たまには土いじりも良いものです

福崎が投稿しました。

いつも大変お世話になっております。
封筒屋どっとこむ、腹減り担当の福崎です。
10時くらいにお腹すいたなと、ボソッと呟いている人間がいましたら、それは私です(恥)

実家の方では一畝借りて、野菜を作っているのですが、先日お邪魔してきました。
季節の変わり目で、半分冬野菜、半分夏野菜状態の畝。
冬野菜はキャベツやカリフラワーが冬に取れるそうです。
IMG_20171001_110043

夏野菜はもうないかと思っていたら、絶好調な万願寺とうがらしとピーマン。
一株でどれだけ採れるのか。。。
IMG_20171001_105830  IMG_20171001_110630

収穫や雑草取りなど、少し手伝わせてもらったのですが、良い気分転換になりました。
自然に触れるのも大切だなと、改めて実感です。