封筒奮闘日記

2011年10月24日(月)

1950〜70年代のポーランド郵政切手付封筒

が投稿しました。

こんにちは、鳥山です。
封筒を扱う仕事をしていると、
世界の封筒はどんな感じなんだろう?
古い封筒はどんな感じなんだろう?
という疑問が、ほんの最近心の中で芽生えました。
なので、封筒収集を個人的にやり始めてみました。
今回は1950〜70年代のポーランド郵政切手付封筒を御紹介。
DSCN0586
写真には裏側写っていないですけど、
アラビア糊付きです。
差出人の書く場所がふたの部分になっています。
切手の部分は普通に印刷されているのかと思いきや、
少しザラザラ感があり、ちょっと違います。
偽造防止でしょうか?
切手の絵柄がヨーロッパ、という感じです。
大きさは160×115。郵便はがきがラクラク入ります。
古い封筒でしたけど、今でも使われていそうな普通の封筒です。
いいものは変わらない、 ということでしょうか?
今日のポーランド語
miejsce zamieszkania 住所
POLSKA ポーランド
CENA 価格
pocztowej 郵便
NADAWCA 差出人