封筒奮闘日記

2013年08月01日(木)

幼稚園へおすそわけ

南が投稿しました。

まいどどうも。

夏はなぜかズボンから、昆布の臭いが漂う南です。

 

封筒を作っていると、どうしても溜まってくるのが「余り紙」です。

余った原紙は「在庫紙」として一時的に保管されますが、それが半年もしてくるとなかなかの量になってくるわけです。

 

通常、加工時に出た紙片や不要な紙・封筒などはリサイクル業者さんに引き取ってもらうのですが、なんせまだ使ってない原紙です。何かに活かさないともったい。

 

原紙はかなり大きなサイズなので、どうせならこの大きさの紙を必要とするところに有効利用していただこうと考えた結果、「幼稚園ならお絵描きしたりするのによく使うんじゃない?」ということで、大阪近辺にある多くの幼稚園に声をかけ、無料プレゼントすることにしました。

 

「是非ほしい!」と、予想以上に多くの幼稚園さんから返事があり、取りに来てもらうことに。

 

在庫紙を取り出して運ぶにはちょっとしたコツがいるので、

職人たちがせっせと車に積んでいきます。

IMG_0377IMG_0380
僕は園長さんに突撃アンケート(紙の用途など)。
IMG_0384
「ほんま、助かりますわ〜」と皆さんに喜んでもらえて、僕の汚れた心も洗われた気がします。
また機会があればこういった企画をしたいと思っとります!