封筒奮闘日記

2013年11月07日(木)

私の好きな紙

垣内が投稿しました。

IMG_1314_04IMG_1321_02

封筒屋ブログをご覧の皆様、こんにちは。 投稿3回目の垣内です。

最近は見積ではなく、営業の仕事をさせて頂くことが多くなり、お客様とも顔を合わせてのやりとりも多く、ネットとはまた違った楽しみがあります。(ネットの方はネットの方で、顔が見えない分、電話やメールのやりとりでお客様の気持ちや性格が見えるのが楽しいです!)

 

私個人、クラシカルや和の雰囲気の封筒が好きで、そのような紙を探す為、紙の見本帳を度々見ています。

その中でも私お気に入りの紙をいくつかご紹介します。

 

まずは「和」な印象から!

 

写真1枚目(左)の上…里紙の“墨”

こちらは通常の色用紙に比べ、和紙の様に紙目が荒く、色も水墨画のような色味です。

個人的に「和」や「匠」のような力強い印象を出したい時に提案したい紙です。

 

写真1枚目の下…草紙の“古代紫”

藍色ではないのですが、まるで染物の藍色みたいな色です。

先程の里紙の“墨”に比べ、やや女性的で、品があるのに柔らかな印象になるのではないでしょうか。

(和っぽくないですが、すぐ上のターコイズブル―のような“瑠璃色”も大好きな色です)

 

次は「クラシカル」な印象から!

 

写真2枚目(右)の上…ビンロードの“クリーム”

繊細なドットの窪みがストライプ状に入っている紙です。

これに紺色の印刷や金の箔押しを組み合わせれば、西洋のアンティーク食器のような雰囲気になり、すごくかわいらしい印象になると思います。

 

写真2枚目の下…NTラシャの“ときわ”

名前は平仮名ですが、渋いダークグリーンの紙です。

画像では少しわかりにくいかも知れませんが、少しだけ緑味がかった「超深緑」とも言いたくなる色の紙です。

質感もツルッとしすぎず、適度な風合いがあるので色々な用途に使えます。

これに金印刷で唐草模様など印刷すると絶対オシャレだろうなと妄想してます。

あとは白印刷で風呂敷のような唐草模様を入れてもかわいいのでは…。

 

さてさて、完全に私の趣向のお話でしたが、参考になりましたでしょうか? 皆様が少しでも紙や封筒を面白いなと思って頂ければ幸いです。

(ちなみに、ご紹介したダーク系カラーの紙は印刷色が沈んでしまうので、基本的には金・銀・白の印刷での対応となりますので、

ご了承下さい。)

それでは、また次回の投稿を楽しみにお待ちください!