封筒奮闘日記

2017年11月29日(水)

止止呂支比売命神社

田中が投稿しました。

お世話になっております、封筒屋どっとこむの 迷子 担当 の田中です。

迷子になりやすいとかではなく迷子になるのが  趣味  なんです。

知らない土地に行き、普通の家から変わった家まで色々な建物を見るのが好きで

行き方を調べず、適当に交差点で曲がりながら知らない道を通り道に迷うスリルを楽しみます。

 

今回もブログのネタ探しにチャリンコ旅行に行ってまいりました。

Google Mapで近場におもしろそうなものがないか探し迷子になりながら行きました。

今回は、『止止呂支比売命神社』という普通に読めない長い名前の神社を発見しました。

とどろきひめのみことじんじゃ”と読むそうです。

場所は南海高野線  沢ノ町駅のスグそばです。

01 02 03 05

たまたま祭りの前のお祈り中でじっくり観光する事はできませんでしたが、

運よく祭りに出会えたのもラッキーなことです。

04 06

この止止呂支比売命神社は創建年代は不明ですが、

素盞鳴尊(すさのおのみこと)と稲田姫尊(いなだひめのみこと)を祭っています。

承久3年(1221年)後鳥羽天皇が熊野詣のとき、この地に行宮をおき「若松御所」と称しました。

そのため「若松神社」とも呼ばれております。それ以前は住吉大社の奥の院とされていたそうです。


南海高野線  沢ノ町駅の近くを走る阪堺電軌阪堺線と南海本線の

車庫が隣の駅にあったので見にいってみました。

07 08

写真は阪堺電軌阪堺線  我孫子道駅にある車庫ですが、

手前に立ち入り禁止の駐車場がありよく見えませんでした

また南海本線  住之江駅の車庫にも行ってみましたが南海本線は高架になっており、

なんと車庫まで高架にあり残念ながら見ることはできませんでした。


そのまま堺方面に行き阪堺電軌阪堺線 高須神社駅にある高須神社に行ってみました。公園の横にあり   一見普通の家かと思いきや裏に回ると家内安全や無病息災など8つの賽銭箱がありました。

09

10111213

14 15

その後JR阪和線  浅香駅を通り家へ帰りました。
浅香は大和川と内川放水路の二つの川に挟まれた場所にあり、
今度その内川放水路の地下に阪神高速大和川線
できるそうなので寄りました。
また迷子になりながら興味深いものを
見つけたらブログで公開していきます。