封筒奮闘日記

2010年11月09日(火)

タガネの話だがね

が投稿しました。

こんにちわ!
封筒専門店「封筒屋どっとこむ」 のひよっこ、南です
大阪はめっきり寒くなりまして。
僕は数週間前からズボンの下にパッチ(ももひきとも言う?)を履いています。
しかもヒートテックのパッチなんでめちゃくちゃぬくいです。
地球上で最も防寒性に優れた装備はヒートテックのパッチだと確信しています。
多分真冬でもパッチさえ履いていたら、あと裸でも寒くないんじゃないでしょうか?
そのへん江頭2:50は理解してるはずなんですよね。
しかも江頭2:50は数々の名言を残し・・・あ、
すみません…
封筒と全然関係ない話に没頭してしまいました…
(反省はしておりません)
さて、気を取り直して、
しょっぱなから皆様にスゴいもの紹介しちゃいましょう
コレだぁ〜〜 ワンツスリーッ
タガネ_008
ね?スゴいでしょ。
・・・ええ、まぁ、
「てゆうか、何コレ?」
って9割の方が思ってるでしょうね(笑)
実はこれ、窓付き封筒の窓を抜くための「窓たがね」というもので、
これを「ポンス」といわれる機械に取り付けて窓を抜くのです。
作業8_002
窓を抜く職人さん
この「窓抜き」こそ、
ウチの会社が胸を張って声を大にして、
「得意だぞおーーーー
と言い切れる技術なのですっ
「窓付き封筒なんてどこでも売ってるし、どこでも作れるんじゃないの?
と思う方は多いかと思いますが、
実はそうでもないんです。
厳密に言いますと、
確かに窓付き封筒はどこでも売っていますし、
大体のところは機械さえあれば作れます。
しかし、
希望の窓抜き位置、希望の窓の大きさまで指定されてくると、
その希望通りに窓を抜けるところはそう多くないでしょう。

よく売っている既存の窓付き封筒以外で、
「この場所にこういう大きさの窓を付けたい」
となったとき、
その希望通りに窓を抜いてくれるところを探してみてください。
位置や大きさにこだわればこだわるほど、
なかなか見つからないと思います。

でもウチは、お客様の希望通りの窓が抜けちゃうんです。
その秘密は、先ほどご紹介した「窓たがね」。
なんと700種類以上も揃っているのです!
日本中でこれだけの種類を揃えてるところは
まず無いんじゃないでしょうか?
うちの課長曰く、「多分日本一」だそうです(笑)
これだけの種類と対応する機械を揃えていると、
ミリ単位で窓の位置や大きさを調節することができ、
お客様の希望の場所・大きさでバチーーンと窓を開けちゃえるという訳です!

3つ窓封筒2
角形集合2
自由な場所に自由な窓
ですので、希望通りの位置・大きさで窓を付けたい方、
他で「残念ながらできない」と断られてしまった方、
是非一度「封筒屋どっとこむ」までご相談ください!
まだまだ江頭…じゃなくて窓について語りたいところではありますが、
長くなってしまったので今日はこのへんで
本日もご愛読ありがとうございました