封筒奮闘日記

2017年10月21日(土)

大阪勧業展に出展しました。

裕幸が投稿しました。

こんにちは。
孤高の(孤独の)ビジネスソリューション部、ウエサキです。

いつも封筒ふんとう日記をお読み頂きありがとうございます。

先日、10月18日、19日とマイドーム大阪で開催されました、大阪勧業展に出展させて頂きました。

大阪勧業展とは大阪商工会議所等が中心となり、大阪の様々な業種の企業が商品やサービスをアピールする展示会です。
今回も昨年に引き続き、スマホアプリ制作のPRをメインに出展させて頂きました。

image18
 
image39
 
image18
 
 
しかし、スマホアプリというのは展示する”モノ”がありません。
こういうサービス系はポスターやチラシで訴求するのが一般的ですね。
 
ポスターやチラシはもちろん用意したのですが、弊社は封筒一筋55年の緑屋紙工のグループ会社。その強みを活かしました。
緑屋紙工では、日本一小さい封筒(自称)の機械で製造できる”プチ袋”があります。
 
プチ袋に関する過去記事:緑屋紙工が展示会「JP2016情報・印刷産業展」に出展しました。

そのプチ袋にこんなデザインをして展示会で配りました。
 
DSC_1388
(表面)
 
 
裏面
(裏面)
 
 
この封筒の表面の”忖度”という文字に、弊社のARアプリを入れたスマホをかざすと、シュールなARコンテンツが表示されるという仕組みです。
 
中にはカードが入っており、アプリの入れ方などを案内しています。
 
DSC_1392
 
DSC_1394
 
 

展示会では、自社のブースの前を通る来場者の方にチラシを配るのが一般的ですが、チラシだけだとなかなか受け取ってくれません。
 
 
ですが、この忖度プチ袋をいざ展示会で配ってみると、受け取ってくれる方の中にはクスっと笑ってくれる方もいらっしゃいました(ほとんど苦笑い)。
 
ちなみに、プチ袋の”忖度”という文字には、こんなARコンテンツが仕込んであります。
結構シュールです。
 
 


  
しょーもないと言えばしょーもないですが、こんな遊び心が大切だと思うんです。
いつまでも遊び心を大切にしたいなと思っています。

2016年07月07日(木)

緑屋紙工が展示会「JP2016情報・印刷産業展」に出展しました。

裕幸が投稿しました。

いつも封筒屋どっとこむをご利用頂き、ありがとうございます。

封筒屋どっとこむの業務にはほぼ関わっていない、IT支援事業担当のウエサキです。

さて、
封筒屋どっとこむの封筒工場である、緑屋紙工(株)が6月末に展示会に出展しました。
僕も企画段階から携わらせて頂いていました。

展示会の会期前から、営業さんが一人抜けるなどのハプニングもありつつ、無事に終わらせることができました。
(人が一人抜けるだけで作業量が増えますね。)
ほっとしてます^^

今回は、プチ袋オンdeマド封筒をメインで展示しました。
展示ブースはこんな感じです。

≪展示ブース≫
1

2

3

 

≪プチ袋≫
4

4-2

4-3

 

≪オンdeマド封筒≫
5

6

7

会期中の3分の2はブースに立っていたんですけど、
プチ袋もオンdeマド封筒も、お客様からは高評価でした!

○オンdeマド封筒
→ 詳しくはこちらのページに譲ります。→オンdeマド封筒
色んな方の反応を見てますと、マドに印刷できる、というのはやっぱり衝撃的みたいです。

○プチ袋
センチ×センチの日本一?小さな封筒。(機械で貼ってます。)
小銭を入れるもよし。切手を入れるもよし。
使い方はアイデア次第です。

 

当日、無料でプレゼントしていましたが、大阪のオバチャンがいっぱい持って帰られました。
特に人気なのが「おおきに」と書いた封筒。
≪おおきに≫
DSC_0961

どのように使われるのか尋ねると、ちょっと小銭を借りた時に、返すのに最適なんですって。
なるほど。「ありがとう」を色んな方言で作ってもオモシロイかもしれませんね。 にへーでーびる(沖縄)とか。

通常、展示ブースに来場者さんを呼び込む時にチラシを渡すんですけど、
このようなプチ袋を渡しますと、皆さん大抵足を止めて下さいます。

DSC_0964

DSC_0963

このプチ袋、強力な販促ツールになりそうです。
展示会に出展している会社に販促ツールとして売れそうやなぁ。と思いました(笑)。

僕は主にスマホアプリの製作担当なんですが、このプチ袋とタッグを組めないかと目論んでいたりします。

ところで、この看板

DSC_0895C1

DSC_0895C2

なかなかの主張っぷりでしょう(笑)!?
おそらく、と入っているのは、謙虚さの表れです!おそらく。

次は8月2日に大阪産創館で、スマホアプリとDMを組み合わせたサービス「DMプラス」を発表します。
DMを送付している方、反応率の高い販促ツールを探している方には、おそらく、喜んで頂けるサービスです^^
ご期待ください!