封筒奮闘日記

2018年04月25日(水)

高御座神社と岩戸神社

田中が投稿しました。

お世話になっております。関西の零場巡礼担当の田中です。

以前大阪八尾市の高安山にある「高御座神社」と「岩戸神社」に行ってまいりました。
近鉄南大阪線の道明寺駅で乗り換え、柏原駅で降り300m程歩き、
近鉄大阪線の堅下駅から河内山本駅まで行き、近鉄信貴線に乗り換え信貴山口までと
かなりハードな経路で行きました・・・
本来なら鶴橋から一本で行けるのですが家からは安くて早かったもので

01

信貴山口駅から1km程の場所にありますが、
いきなり駅から迷子になりながらもようやく到着しました。

高御座神社と岩戸神社は隣同士、というよりも同じ場所にあります。
写真の鳥居から先が高御座神社で写真より
手前(後ろ)にある階段を登ると岩戸神社があります。

高御座神社(たかみくらじんじゃ)は別名天照大神高座神社と呼ばれ、
天照大神という名前にピンと来ていってきました
祭神は『天照大神(あまてらすおおみかみ)』、『高皇産霊大神(たかみむすびのおおかみ)』。
他にも『伊勢津彦命(いせつひこのみこと)』、『伊勢津姫命(いせつひめのみこと)』。
古事記の日本神話に出てくる高天原(たかまがはら)の頂点に位置する神様です。
高天原とは「天地(あめつち)のはじめ」(神々の生まれ出る場所)で、
神様たちが住んでいるという天上界です。
古事記の日本神話に記されている高天原がどこにあるのかは諸説があります。
奈良県御所市高天葛城・金剛山高天台、宮崎県高原町、宮崎県高千穂町、
熊本県阿蘇・蘇陽、岡山県真庭市蒜山(ひるぜん)、群馬県上野村生犬穴(おいぬあな)、
茨城県多賀郡、長崎県壱岐市、鳥取氷ノ山(ひょうのせん)、鳥取県霊石山・伊勢ヶ平、
和歌山県高野山、岐阜県飛騨など多数存在しそれぞれの候補地に
高天原由来の地名(岩戸など)があるそうです。

04 05
▲岩盤上に鎮座している本殿。
03 02
▲本殿の下にある拝殿。

奥に行くと”城山大神”と書かれた柵があり、
その先に長~い階段があります。
途中でなにもないと思い引き返しましたが、
後になって奥にも城山の神が祀られていた
ということを知りました
岩戸神社の祭神は『市杵島姫命(イチキシマヒメ)』
で、俗に『岩屋弁財天』『岩谷弁財天』と
呼ばれています。空海が高座神社を参詣中、
大神の御託宣により創建されたと
言われているそうです。
岩戸神社は写真を撮っていいのか分からず
残念ながら画像はありません。

06