封筒奮闘日記

2013年06月24日(月)

細マッチョとクラフト紙

鳥山が投稿しました。
こんにちは。鳥山です。
印刷関連の仕事に携わる前と後では、紙の見方が変わりました。
そんな写真がこれです。

DSCN1350

1枚ならたいした事ない重さですが、まとまるととんでもなく重い。
小分けに断裁もされていないので、持ち運びにくいのです。
でも、どんな事にもコツがあって、
現場の線の細い職人さんでも、軽々しく持ち運んでいます。
しかも素早い。
毎日の仕事なので、この職人さんは細マッチョになりつつあります。

そんな訳で、紙は筋トレにも効果的だと知りました☆
2013年05月02日(木)

製作現場の魅力。

鳥山が投稿しました。
タグ: , ,

こんにちは、鳥山です。
5月はもう少し暑い気がするのですが、ちょっと寒いですね。
服装が微妙に迷う所です。

先日、封筒の制作現場の人に
「工場の魅力を教えて下さい。写真撮りたいので」と質問したら
工場の責任者の方が、「女性の働いている後ろ姿が凛として素晴らしい」と
力説してくれました。

工場の現場は男性の方が多いイメージがありますが、
当店の封筒製作の現場は、半々ぐらいの割合です。
ジブリ映画でよく見かける現場の風景、とい感じとまではいきませんが、
とてもいい雰囲気の現場です。

e8691fad-s