封筒奮闘日記

2018年11月19日(月)

封筒で作るオリジナルパッケージ

高安が投稿しました。

IMG_1680

突然ですが、先日オシャレなチョコレートをいただきました。

裏返すと封筒型になっており、面白いなあ~とまじまじ見てしまいました。

やはり封筒屋さんなので、日常でも封筒型のものには目が行ってしまいますね。

 

裏返すと封筒という感じが強いのですが、正面から見た時はデザインがタテに施されていたので

あまり封筒という雰囲気がありませんでした。(その肝心の表面は、写真を撮り忘れました。申し訳ありません。)

普通ならヨコ型の封筒は横に使ってしまうと思うのですが

ヨコ型の封筒をタテ型に使うというのは、意外と思いつかない発想だなあと感じます。

いや、封筒屋だから逆に新鮮に感じるのでしょうか。

 

また、このチョコレートは様々な味の展開があるそうで、

元々の紙は白い紙ですが、印刷の色を様々に変えて統一感のある商品展開をされているようです。

同じ型や紙を使って、複数種類のデータを印刷すると、コストを抑えながらも雰囲気が統一されたパッケージ作りが叶います。

統一感のあるデザインを用いることで店頭でのディスプレイも洗練されたスタイリッシュな雰囲気になりますね。

パッケージに封筒を用いると、箱よりも場所を取りませんので同じ空間により多く商品を置くことも出来ます。

 

新しい可能性や、使い方、価値観を見つけられるよう、様々な視点で物事を考える訓練が大切だなあと思います。

日常でも刺激を受けながら、日々、精進していきたいと思います。

2018年09月26日(水)

カッコイイ仕事、左官屋さん。カッコイイ紙、サガンGA。

高安が投稿しました。

「幼いころの夢」

皆様はどういったものをお持ちでしたでしょうか。

カッコイイ仕事、というと「左官屋さん」が思い浮かびます。

子供のころに町で見かけるザ・職人仕事の代表格ですね。

 

そして勿論、「左官屋さん」というと連想する紙がありますね。

皆様もご存知「サガンGA」です。

はい、ということで今日はそんなクールな紙、サガンGAを紹介したいと思います。

7

ザクザクとした手触りが楽しい、カラー展開豊富な紙です。画像のようなビビッドな色合いの紙でも

質感がある紙なので派手過ぎず落ち着いた印象に封筒が仕上がります。

紙としても2016年に出たばかりのニューカマー。可能性は無限大ですね。

IMG_7672

そして、渋めの色も封筒にばっちり合う。和洋を問わず様々な場でお使いいただける紙だと感じます。

落ち着いた色で高級感を出し、金銀の印刷や箔を押せばかなり特別感のある封筒に仕上がりますね。

 

左官屋さんでサガンGAを思い出すのは、表面のザラザラ感が

左官屋さんに慣らされたコンクリ面を思い浮かべるからかもしれません。

語感も似ていますし、皆様も町で左官屋さんをお見かけされたら、

そのままサガンGAならびに封筒屋どっとこむを思い出してください。

 

2018年07月11日(水)

フォトジェニック

高安が投稿しました。

いつもお世話になっております。

最近携帯の画像フォルダがほぼ紙です。

出来れば人との思い出も記録していきたいものですね。

 

Instagramの流行に伴い、

「フォトジェニック」という単語をよく耳にするようになりました。

フォトジェニックというと、ギターを想像してしまうのですが、

 

「写真映え」という意味合いで使われる言葉だそうです。

俗に言う「インスタ映え」と同義ですね。

 

という事で、今回は私の携帯の紙だらけフォルダの中から

「フォトジェニック」な画像をお届けしたいと思います。

 

一枚目は当店の人気商品「角形A4号窓付き封筒」の内側。
DNXwqYhVAAAneDs

ちょっと異世界っぽいですね。

 

二枚目はクッション袋の内側、
DICLfJdVoAAXogd

 

なんとなくノスタルジックな雰囲気を感じます。

 

三枚目は長3窓付き封筒の内側です。
DX0j3KyVQAAw7F0

窓付き封筒の窓部分から入る光が雰囲気を演出しています。

 

 

外から見れば一般的な事務用封筒でも、

内側から撮ると結構雰囲気のある写真が撮れました。

 

普段当たり前に見ているものでも、

色んな角度から見てみることで、また新しい面に出会えますね。

 

何に対しても、当たり前になってしまわないよう

常に新鮮な気持ちを持っていたいなと思います。

2018年05月02日(水)

紅茶

高安が投稿しました。

いつも大変お世話になっております。お見積担当の高安と申します。

一瞬で春が過ぎ去り、涼しい日と真夏のような日差しの日の気温差が激しいですね。

体調管理を怠らないよう、気を引き締めていきたいところです。

IMG_8510

季節の中で一番好きな冬が終わってしまい、もうすでに冬が待ち遠しいです。

夏のことを考えるとテンションが下がってくるので、冬の間の楽しみについて書きたいと思います。

 

今年の冬の間は、寒さをやわらげようと思い、しばしば紅茶を買って飲んでいました。

もともと、紅茶とコーヒーならコーヒー派だったのですが、最近はどちらも同じくらい好きです。

 

紅茶のお店に行くといろいろな味があって見ているだけでワクワクします。

写真は季節限定のとちおとめの紅茶です。

と言いつつ、思いっきりマグカップに淹れているうえ、

バレンタインのあたりにチョコレートと買ったのでチョコレート主体になってしまっていてあまり良い写真では無いのですが。。

 

淹れた時の香りがよく、チョコレートととても合って美味しかったです。

季節限定のフレーバーティーと普段から売っているものを見比べると

パッケージの柄や加工が違って面白いなあと感じます。

 

作り手のこだわりが見て取れるパッケージは、ずっと眺めていても飽きませんね。

封筒屋さんにならなければ、きっと印刷や加工まで気にしなかっただろうと思います。

 

仕事を通してこういった新しい価値に気付くことが出来るようになり、うれしく感じる出来事でした。

新緑の気持ちいい季節、皆様にも嬉しい出来事がたくさんありますように。

そして早く冬が来ますように(笑)

2017年11月22日(水)

いい夫婦の日

高安が投稿しました。

いつも大変お世話になっております。封筒屋どっとこむの高安でございます。
タイトルに関する話は特にございません。残念。
今日一日は全国の夫婦に良いことがありますようにという気持ちで過ごしたいと思います。

最近めっきり寒くなってきましたね。
私は冬が一番好きなので、やっと冬が来たかとうれしい気持ちです。
どれだけ冬が好きでも、寒いものは寒いので、モコモコした暖かいものが欲しくなります。
手触りが良いモコモコした物に囲まれて生活したいです。
最近はモコモコしたスリッパを買いました。故に毎日モコモコしたスリッパを履いています。
ただそのモコモコしたスリッパの写真を撮り忘れたので
モコモコした紙のイメージ画像を置いておきます。

C96E2w1UMAA_LDU

作れるか作れないかは置いておいて、これで封筒を作ったら相当モコモコしそうだなとワクワクしますね。
紙の名前はヴィベールPです。是非ご検討ください。

皆様も暖かくしてお過ごしください。

2017年09月13日(水)

挑戦

高安が投稿しました。

いつも大変お世話になっております。

夏も終わり気温も落ち着いてきた9月中旬ですが、いかがお過ごしでしょうか。
今年こそ健康的に日焼けするぞと思っていましたが全然焼けませんでした。

本人比では腕と脛で色にこんなに差が!!となりますが、お会いする方からは全くわからないようです。

夏を過ぎて会った方々には焼けてないね、全然焼けないね~の言葉しか頂けませんでした。来年こそは。

 

そんなインドア派な私も今年は周りの人たちのおかげで

ダイビングにバンジージャンプ、花火大会と、アクティブに過ごせました。

バンジージャンプは良いですね、腹の底から声が出ました。もう一生やりません。
さておき。

挑戦する機会を得るというのは、とても貴重なモノだなと改めて感じます。

自らその機会に挑むのが難しくとも、周囲の助けがあれば一歩踏み出せることもありますね。

 

封筒加工も「ええ、これはさすがに無理があるんじゃ・・・」ということや、

「どうしてここにこんな謎の切れ込みを!?」と思う仕様にも果敢に挑戦していくことは楽しいですね。

何事も経験。その機会をくださるのは紛れもなくお客様です。

 

毎日さまざまな仕様や加工についてお問い合わせをいただけているのは大変有難いことですね。

今後もできる限りお客様の要望に寄り添ったご提案が出来ればなと思う次第です。

IMG_7162

この秋が皆様にとって実りある季節になりますように。

2017年06月14日(水)

マイナスイオンはまだ流行っているんでしょうか

高安が投稿しました。

いつもお世話になっております。封筒屋どっとこむで何かしらを担当している高安です。

立派な記事の後に書くのが、大変恐縮なのですが、

私もゴールデンウィークはちょっとした旅行に行ってまいりました。

忘れないうちに思い出を書いておこうと思います。

 

地元の近くにちょっとした滝が有名な所があるのですが、

今回はその近くの温泉施設で一泊してまいりました。

 

滝へ向かう道すがら。

そこに現れたるは。

 

IMG_6317

そう、ヘラクレスオオカブトですね。

ほぼ人間のこぶし。握りこぶしサイズ。

握りこぶしです。

 

もちろんその辺の木に居たわけではなく、

滝に向かう途中の昆虫館で撮影しました。

本物をはじめて見たのでテンションは相当にハイになりました。

 

昆虫館では、

蝶が放し飼いの部屋で蝶に鱗粉をまぶされたり、

ものすごい標本がたくさんの廊下を楽しめます。

 

そんな足生やしてどないすんねんと思う程足が生えた虫、

どんだけとげとげしたいねんと思う程とげとげしている虫など、

さまざまな虫アンド虫、重ね重ねの虫づくしで大満足でした。

※私自身、虫は特に得意というわけではありませんが蝉は無遠慮に触れます。蝉は友達。

 

さておき。滝に向かうと

そこに現れたるは

IMG_6365

そう、猿ですね。人の菓子パンを奪い取り、滝をみながら優雅にパンを貪る猿です。

私も子どものころ、ここの滝の近所で猿におにぎりを奪い取られたなあ、と

なまあたたかい気持ちでいっぱいになりました。

 

めまぐるしい時代ですが、

昔も今も変わらない風景は良いものだなあと改めて感じます。

 

メールやラインで連絡が済む昨今。

思えば手書きで手紙を出したのは何年前のことでしょうか。

皆様はいつが最後でしたか?

 

あっ、滝の写真、撮り忘れました。

2016年11月04日(金)

燃え上がれ

高安が投稿しました。

いつも大変お世話になっております。お見積担当の高安です。

 

気がつけばすっかり秋です。秋と言えば燃え上がる時期ですね。

紅葉に、運動会に、焼き芋に、バーベキューに。

乾燥し始める季節ですから、火元には十分気をつけたいところです。

 

さて、なぜ唐突にそんな話をはじめたかと申しますと。

 

img_4831

 

先日たまたま遊びに行ったところで

赤い彗星と名高いシャアザクが、

ガンダムと白熱した戦いを繰り広げており、

その後脳裏から燃え上が〜れ〜燃え上が〜れ〜・・・の主題歌が取れないためなのですが。

 

 

昔よく聴いていた音楽と結びついている記憶があると、

その曲を聴く度に当時の事が思い出される。

 

そんな経験はございますでしょうか。

 

あれは一体何なんでしょうね。不思議です。

 

物と記憶、音楽と記憶。様々なものと形をかえて結びつく記憶を思うと、

人の記憶は無形ではないのだなと感じます。

 

思い出の手紙を運ぶ封筒。

こだわっていきたいものですね。

 

皆様には、物と結びついた記憶、ございますか?

2016年08月17日(水)

孤軍フン踏

高安が投稿しました。

いつも大変お世話になっております。

言葉が無駄に固い担当高安です。

 

11日から16日まで、お盆休みを頂いておりましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか。

何か夏らしいことはされましたでしょうか?

 

私はウン年ぶりに花火をしてまいりました。

FullSizeRender

 

風情があってよろしいですね。

風情があってよろしいんですが、夜の河原の暗さたるや。

足下が暗くて何も見えません。まさに人生のそれに等しいと思います。

 

ウン年振りに花火をした私。

ウン年振りに犬の糞を踏みました。

孤軍フン踏、獅子フン迅、そんな心持ちでございます。

 

一時はウンともすんとも言えない気持ちになったのですが、

ウン外蒼天という言葉を思い出し、

ウンが付いた分頑張るぞ!といった爽快な面持ちで帰宅出来たのでした。

 

 

是非、今まさに!

ウンが向いている私に!お見積のご依頼等いただけましたら幸いでございます。

・・・おあとはよろしくないようです。

2016年05月25日(水)

人生初

高安が投稿しました。

いつも大変お世話になっております。

どうも最近足腰の調子がおかしい、階段や坂が本当につらい。お見積担当の高安です。

突然ですが皆様、あひるボートって乗った事、ございますか?

 

あひるボート。

 

優雅に池や湖に浮かぶ、つぶらな瞳でソーキュートなニクいアイツです。

キャッキャウフフのカップルもしくはアベックもしくはリア充やら、

ほがらかウキウキのファミリー専用と言わんばかりの純真無垢なビジュアルのヤツです。

 

紆余曲折ありまして、

人生初、そんなあひる(正しくは白鳥?)ボートに先日乗ってまいりました。

FullSizeRender

 

与えられた時間制限は20分、

人生80年のうちの最初で最後の20分。

 

ここで絶対に悔いを残すワケには行かない、と。

ここで全力を出さずに私はいつ全力を出すのか、と。

この凪いだ水面が激しく波打つまで漕がんでどうするか、と。

 

20分間アスリートが如くこのあひるボートを漕ぎ続け、

川の端から端まで狂ったように往復し、

風を感じ、さわやかな汗を流し、そして、

足腰を痛めました。

 

何かを得るためには、何かを失わねばならない。

世の真理をも学べるあひるボート。

皆様も是非、お乗りになってみてはいかがでしょうか。

より以前