封筒奮闘日記

2018年07月25日(水)

FISH or BEEF

中村が投稿しました。

お世話になります。

封筒屋どっとこむのトマト以外はだいたい食べられる中村です。

 

嫁さんの手料理を食べても大手チェーンのハンバーガーを食べても

いつも「めっちゃ美味しい!」といってしまうのが悩みです。

先日はポテト無料のクーポンでテンションが上がりました。めっちゃ美味しかったです。

 

この前、高いお寿司屋さんにつれて行って頂きました。

 

 

↓うなぎの白焼き

IMG_5897

土用の丑の日の翌日だったのですが、大将が気を遣って出してくださいました。

 

めっちゃ美味しかったです!!

 

左から あいなめ たい かれい はも

IMG_5894

 

めっちゃ美味しかったです!!

 

 

マグロの ハラミとカルビとロース

IMG_5898

 

 

お肉かと思ったらマグロでした^m^

 

めっちゃ美味しかったです!!

 

活字にしてしまうと、全て同じになってしまうので、発音の仕方で美味しさを表現できないのが非常に残念!!

ボキャブラリーの無さを恨む以外ありません。

 

生きてる内にもう一回食べたいです;; 笑

 

2018年07月11日(水)

フォトジェニック

高安が投稿しました。

いつもお世話になっております。

最近携帯の画像フォルダがほぼ紙です。

出来れば人との思い出も記録していきたいものですね。

 

Instagramの流行に伴い、

「フォトジェニック」という単語をよく耳にするようになりました。

フォトジェニックというと、ギターを想像してしまうのですが、

 

「写真映え」という意味合いで使われる言葉だそうです。

俗に言う「インスタ映え」と同義ですね。

 

という事で、今回は私の携帯の紙だらけフォルダの中から

「フォトジェニック」な画像をお届けしたいと思います。

 

一枚目は当店の人気商品「角形A4号窓付き封筒」の内側。
DNXwqYhVAAAneDs

ちょっと異世界っぽいですね。

 

二枚目はクッション袋の内側、
DICLfJdVoAAXogd

 

なんとなくノスタルジックな雰囲気を感じます。

 

三枚目は長3窓付き封筒の内側です。
DX0j3KyVQAAw7F0

窓付き封筒の窓部分から入る光が雰囲気を演出しています。

 

 

外から見れば一般的な事務用封筒でも、

内側から撮ると結構雰囲気のある写真が撮れました。

 

普段当たり前に見ているものでも、

色んな角度から見てみることで、また新しい面に出会えますね。

 

何に対しても、当たり前になってしまわないよう

常に新鮮な気持ちを持っていたいなと思います。

2018年07月05日(木)

四天王寺

田中が投稿しました。

お世話になっております。写真撮影担当の田中です。
GWにいつもの自転車迷子旅に行ってまいりました。
今回は大阪天王寺区にあります四天王寺生國魂神社
そして少し写真を撮りすぎたので次回になりますが、
天王寺七坂安居神社三光神社をご紹介致します。


四天王寺は蘇我氏物部氏の間に武力闘争が発生し、蘇我氏についた聖徳太子が
形勢の不利を打開するため四天王像を彫り、「もしこの戦に勝利したなら、
必ずや四天王を安置する寺塔(てら)を建てる」と誓願し勝利した後、
593年に聖徳太子によって建てられました。

01 02
▲左:東大門と金剛力士像 右:不動明王

03

 

左の写真は本坊南口から撮ったものですが、
関係者以外立入禁止と書かれていたので
中に入れないものと思っていましたが、
西側に一般受付があったみたいです
中には国の重要文化財である湯屋方丈や
極楽浄土の庭、補陀落の庭などがある
そうで行き損ねたのが非常に残念です

 

 

04 05
▲六時堂と池にいる大量の亀
06 07 08
▲左:英霊堂 中:弘法大師修行像 右:親鸞聖人像

中心伽藍の南側にある中門と金剛力士 (仁王像)。行った日は運悪く
五重塔が工事中でした

聖徳太子創建の時、六道利救の悲願を
込めて、塔の礎石心柱の中に仏舎利
六粒と自らの髻髪(きっぱつ)六毛を
納められたので、この塔を「六道利救
の塔」というそうです。ちなみに
現在の五重塔は8代目で、石山本願寺
攻めの兵火や大坂冬の陣、落雷、
室戸台風、大阪大空襲などで倒壊して
いるそうです。

09

 


生國魂神社

かつては現在の大阪城のある場所にあったそうで、近くに石山本願寺も建立され
繁栄したそうですが、石山合戦後の豊臣秀吉による大坂城築城の際に
現在地の生玉町に遷座されたそうです。

10 11 12

▲左:生國魂神社南門 中:上方落語発祥の地 米澤彦八の碑 右:井原西鶴像

次回は天王寺七坂と真田幸村ゆかりの地安居神社三光神社をご案内致します。