封筒奮闘日記

2013年06月20日(木)

封筒だけ見てると気づきにくいこと

藤本が投稿しました。

阿倍野にある雑貨屋さんで、あるレターセットを見かけました。
中の封筒は、当店にご依頼いただいたものではないのですが、工場で見かけた
品に違いありません。

封筒は、工夫はあるものの、控えめなデザインだったため、現場で見かけても
素通りしていました。
それが。
便箋やパッケージとの連携し、鮮やかで遊び心のある、素敵な品になっていて、
思わず財布に手が伸びました。

  
設計から関わっていない封筒の場合、
《封筒の束だけ見ていて、本来の価値に気づかなかった》
という経験を、私は何度かしています。
視覚的なデザインを例に上げましたが、作業性や丈夫さなどについてもです。

 
私達が提供するのは封筒なので、
「いい封筒のアイデアはないかな」
と封筒から考え、
次に「使い手のことを考えよう」
として、漠然とした思考に陥ってしまうことがあります。

でもこういった経験の積み重ねは、封筒を必要とする《主役》は?目的は?
いつ、誰が、何と一緒に使う?と具体的に描くことを思い出させてくれます。

 
☆お見積りをご依頼いただく際も、スタッフがより具体的に考えてサポート
 させていただけるよう、(もちろん支障がない範囲で)封入物や用途につ
 いてお聞かせいただけると幸いです☆

  

☆Facebookでプレゼントキャンペーンやってます!6月28日(金)まで☆  
そらたより商品写真_中