封筒奮闘日記

2018年09月19日(水)

天王寺七坂と真田幸村ゆかりの地

田中が投稿しました。
タグ: , , ,

お世話になっております。郵メール担当の田中です。
前回の四天王寺に続きまして天王寺七坂真田幸村ゆかりの地をご紹介致します。

天王寺七坂一心寺生國魂神社の間にあります。
北から真言坂(しんごんざか)、源聖寺坂(げんしょうじざか)、口縄坂(くちなわざか)、愛染坂(あいぜんざか)、清水坂(きよみずざか)、天神坂(てんじんざか)、逢坂(おうさか)と七つの坂が並んでいて、これらの坂のある地域一帯はいわゆる「寺町」であり、江戸時代に大阪城下より移転させられた仏教寺院が多く集まっています。


▼真言坂

01

生國魂神社のスグ北側にある真言坂です。
生國神社の神宮寺であった法案寺をはじめ
とする生玉十坊が、明治の廃仏廃仏毀釈
まで神社周辺で栄えていた。
うち、神社の北側には医王院・観音院・
桜本院・新蔵院・遍照院・曼陀羅院の六坊
があった。すべて真言宗であったので、
この坂は真言坂と呼ばれたそうです。


▼源聖寺

02

この坂は、登り口に源聖寺があるので、
その名をとっている。付近一帯は、
寺町として長い歴史を持つ。
齢延寺には、幕末に泊園書院を興して
活躍した藤沢東畡、同南岳父子の墓が
あり、銀山寺には、近松門左衛門の
「心中宵庚申」にでてくるお千代、
半兵衛の比翼塚が建てられているそうです。


▼口縄坂

03 04
坂の下から眺めると、道の起伏が
くちなわ(蛇)に似ていることから、
この名がつけられたという。付近の
浄春寺には暦学者麻田剛立、画家
田能村竹田、春陽軒には国学者尾崎
雅嘉、太平寺には医家北山寿安ら、
江戸時代に活躍した先人の墓がある。
また、梅旧院には芭蕉の供養碑も
みられるそうです。

▼清水坂
06 09

新清水清光院に登る坂道をいう。
高台にある新清水寺境内からの眺望は別格で、
さらに境内南側のがけから流れ出る玉出の滝
は、大阪唯一の滝として知られている。
また、この付近一帯は昔から名泉どころ
として知られ、増井、逢坂、玉出、安居、
土佐、金竜、亀井の清水は七名泉と呼ばれて
いるそうです。07

08

 

 


▼愛染坂

05

その名の通り、坂の下り口にある愛染堂
勝髷院から名付けられた。愛染さんの
夏祭り(6月30日)は大阪夏祭りの先駆け
として知られ、境内の多宝塔は市内最古
(文禄三年)の建造物で、重要文化財と
指定されている。大江神社には「夕陽岡」
の碑があり、このあたりからの夕焼けは
今も美しいそうです。


▼天神坂

10

安居天神へ通ずる坂道なので、このように
呼ばれている。この神社境内は大阪夏の陣
に真田幸村が戦死したところで、本殿わき
に「真田幸村戦死後之碑」がある。
また、同境内すぐ下には七名泉の一つ、
安居の清水があり、「かんしづめの井」
(癇静め)とも呼ばれよく知られている。

この天神坂から南側に七坂の一番南の逢坂が
あるのですが、国道25号線になるので
残念ですが写真は撮っておりません。
どうしても見たい方は大阪市天王寺区の
ホームページに写真がございますので
是非ご覧になってください。


安居神社
先程天神坂でご案内しました安居神社の境内にある真田幸村戦死跡之碑です。安居神社は菅原道真が大宰府に流されるときに、風待ちのために休息をとった為に安居という名が付いたという説があるそうです。
11 12


三光神社
玉造駅の近くで大阪城から南に1.5kmほどの所にある宰相山公園内にある三光神社です。
宰相山は真田山とも呼ぶそうです。
大阪冬の陣の際に、真田幸村が大坂城の出城、真田丸があった場所です。

幸村がこの三光神社から大阪城まで
通じる地下道「真田の抜け穴」を掘った
と言われています。
抜け穴の入り口には真田の六文銭が入った
鉄の扉があります。また、現在残っている
抜け穴は真田信繁(幸村)がつくったもの
ではなく真田丸を攻めた前田軍の塹壕の
痕跡の可能性が高いという説もあります。

16

13 14