封筒奮闘日記

2018年08月02日(木)

京都は暑いですが、夏ですから♪

鳥山が投稿しました。
タグ: , , , , ,

IMG_20180714_131421_836

7月に開催された「紙博」に京都まで行きました。

「紙博」自体はとても楽しく、そしてとても財布が軽くなりました。

たくさんのアイテムをGETして心が弾む弾む。

お客さんが多く、歩きにくかったのですが、

会場内はエアコンが効いてて天国かと思うほど快適。

人混みにもかかわらず、ですよ。

 

というのも、その会場に着くまでが大変でした。

真夏中の真夏。

KIMG2438

天気は良いのですが、温度は高くて、日射しが強くて。

歩くたびに汗が大量に吹き出ます。過酷。

なのに周りは祇園祭のせいかとても賑やか。

KIMG2444

その賑やかさと、素敵な景色、青空。

暑いのはホントに辛いのに、心の隅ではとてもポジティブ。

そのポジティブが会場に着いたとたん弾けて、大はしゃぎで買い物してました。

あ〜、満足。

 

最後は自宅玄関前で綺麗な夕日を眺めて、

心が癒やされる一日、終了。

KIMG2413

 

2016年06月15日(水)

エキセン

鳥山が投稿しました。

封筒製作の現場では「エキセン」と呼ばれる金型を使用しています。

 

封筒の形を抜く為に、その封筒専用にそのままのサイズと形で型を作成する方法が御座いますが、

その封筒形状でしか使用できない型になるため応用が利かないデメリットが御座います。

「エキセン」はサイズ変更が可能なため、他のサイズでも流用できる金型です。

KIMG0897

まずは封筒の縦と横のサイズで四角に断裁します。

画像を見て頂ければ分かるかと存じますが、

その紙の角を切り落とす事で

封筒の形状になるわけです(画像はサイド貼り。上の白いところがフタ)。

このままでは片側だけですので、同じ型で下側を抜くことで、封筒形状が出来上がります。

KIMG0900

※カマス貼りですと、上下ではなく左右を切り落とす。

 

サイズを変更できる「エキセン」という金型は便利ですが、

フタや糊しろの角度は既存の金型次第という部分があり、

また大ロットでしたら、専用の型を作成した方が納期が早かったりしますので

その案件に合わせた選択が必要ですね。

2016年05月18日(水)

封筒を入れて送るダンボール箱

鳥山が投稿しました。

今回取り上げるのはダンボール箱。
当たり前のことなんですが、
商品を出荷する際にはダンボール箱に封筒を詰めて梱包します。

dan

ダンボールは上下の「ライナー」という部分の板紙の間に、
「フルート」と呼ばれる紙が波打っている構造を合わせた形になっています。
この「ライナー」の紙厚と「フルート」の波の数と高さでいくつかの組み合わせがあります。

波部分は「トラス構造」といって、波の頂点に圧力がかかると左右に分散されることで
中の商品を守っています。
一般的なダンボールで30センチあたり、34段前後の波があります。
波の数が少ないと厚くなり、緩衝性が高くなるのですが、
デメリットとして折り曲げにくかったり、表面が凸凹で印刷不良が出やす くなるので、
内容物に合わせて「ライナー」と「フルート」の選択が必要です。

2015年12月16日(水)

工場の工夫

鳥山が投稿しました。
タグ: , ,

工場で使用する機械は

ある目的を達成する為に特化して作られていますが、

仕事の内容や素材によって、改造やちょっとした工夫が加えられてようやく

それぞれの目的に合った最適な機械として機能します。

ちょっとした事ですけど、今回紹介する写真がこちら。

KIMG0552

機械の鉄の棒の先端に紙を貼付けて、長さを伸ばしています。

KIMG0554

用紙が機械の工程に沿って流れていくのですが、

用紙によって反りやすい紙質のものがあり、

その反りによって、流れから逸脱しないようにする小さな工夫です。

 

ちょっとした事が大切だったりしますね。

2015年11月11日(水)

工場のあいてむ

鳥山が投稿しました。
封筒の加工現場で使用されているアイテムで
こういうのがあります。
2015-11-09 07.54.53
写真の定規が30cmの長さなのでかなりの
大きいマットです。
そのまま使用するわけではなく
3mm幅ぐらいにカットして使用します。
2015-11-09 07.53.24
こんな風に。
2015-11-09 07.52.26
裏側に剥離紙が付いていまして
剥がすと接着出来ます。
2015-11-09 07.56.21
接着した感じがこんなです。
この青色の部分に糊をつけて
透明のフィルムと封筒を接着するために使用する糊スポンジです。
封筒の糊代を付けるときにも使います。
用途に合わせて切り貼りし、活用しています。
青色以外にも黒色の糊スポンジもあり、
糊の浸透率やスポンジの高さなどに違いがあり、
機械ごとに使い分けています。
2015-11-09 07.58
窓の周辺に沿って糊を付けるのですが、
このスポンジがフィルムと封筒の橋渡しとなってくれるわけです。
製袋の場合はこんな感じです。
2015-11-09 08.03
現場にあるアイテムの一つを紹介いたしました。
2014年05月19日(月)

職人さんの休日

鳥山が投稿しました。
こんにちは、鳥山です。
今回は現場の職人さんの日常を紹介します。

1)ムードメーカーAさんの日常
20140507_205704
いつも忙しそうにしているので、勉強する暇ないかと思いきや
休日の隙間をぬって勉強しているそうです。
パワフルです。

2)事務のお姉さんの日常
IMG_4854
最近まで放送していた朝ドラ「ごちそうさん」で御堂筋線建設の話があり、
その中でアーチ型の天井にこだわり苦労した、とのエピソードがあり
思わずシャッターを押したそうです。
普段、駅の天井をまじまじ見ないので、とても斬新ですね。

3)窓貼り現場のお父さんの休日
DSC_0079
GWに大山に行って来たそうです。
もうすっかり夏の匂いがしますが、山の上の方はまだほんの少し雪が残っているみたいです。
「ザ・休日」という写真で、見てるだけで気持ち良さそうです。

4)窓貼り現場のヤングの見方
写真
何の写真かさっぱり分かりません…。
実はティッシュ箱の裏側です。
普段はそのまま捨ててしまう様な部分ですが、
窓貼りをやっているのでふと気になったみたいです。
意外な視点ですね。

如何でしたでしょうか?
いろんな人が、いろんな思いで封筒製作の現場を作っています。
また、機会があれば紹介します。
2013年11月18日(月)

月のかけら

鳥山が投稿しました。
タグ: , , ,

こんにちは。鳥山です。

ジブリの映画も始まりますし、月にちなんだ紙をご紹介します。
名称は「かぐや」(by平和紙業)という紙です。

IMAG0242
IMAG0243
月のおしゃれで幻想的なイメージを表現した紙というよりも、
月の表面、クレーターを表現したエンボスのある紙です。
紙の色名が特徴的で、
満月(白)、新月(黒)、上弦(緑)、下弦(青)、十三夜(クリーム)、いざよい(赤)、
ねまち(こいねず)、たちまち(うすねず)、三日月(黄)、有明(茶)と
表示が月にちなんでます。
ただ、カッコで見た目の色を表示しないと伝わらないのが、残念です。
インクを盛り気味に印刷する必要があるみたいで、
少しインクの乾きが悪そうです。

先日この紙の見本帳を頂いたのですが、
IMAG0241
とても豪華です。素敵です。心が躍ります。
最近発売された紙なので、お値段がお高く、
エンボス加工があるので、使いにくそうですが、
「月」関連の何かに使いたい紙だと思います。
2013年09月02日(月)

ブレない。

鳥山が投稿しました。
タグ: , ,

こんにちは。鳥山です。

現場の様子を改めて撮影し、動画を編集する事になったのですが、
素人のため、画面がブレてしまいます。
多少、カメラ自体がおさえてくれるのですが、なかなか上手くいきません。
どうしたモノかと考えていたんですが、
少し前に、小型の三脚をどこかで見かけた事を思い出し、
引き出しを探しに探して、見つけました。

IMG_0914-01

早速、画像のような感じで取付けてみたのですが、
...違和感です。
近未来の小型ロボットのような見方をすれば、しっくりくるんですが、
カメラとなると、変な感じです。

ただ、ブレないですね。カメラ撮影に三脚必須です。
そんな実感を得た月曜日でした。

2013年07月23日(火)

朝のスピード。

鳥山が投稿しました。
タグ: ,

おはよう御座います!鳥山です。

IMAG0169

封筒屋どっとこむの朝は早い。8時出勤です。
そのために通勤に1時間かかる私は、
6時半ぐらいには家を出なくては間に合わないのです。
という事は5時半ぐらいに起きないと間に合わない...
と思われますが、私の起床は6時15分!
無駄な動きをせず、
シャワー、歯ブラシ、着替え、ウィダーイン、5分だけテレビのニュースを観て
6時35分に出発。

...いつか余裕をもった起床を実現したいです。
2013年05月28日(火)

先々週のイベント

鳥山が投稿しました。
こんにちは。鳥山です。
今週は中小企業総合展があり、ドタバタな日々が続いています。
先々週もJP展という印刷関連のイベントに出店していましたので、
今月ずっとドタバタでございます。

IMAG0117

そのJP展。観覧者としては何度か足を運んでいまして、
今年もARをアピールしている企業が多くありました。
その中で封筒屋どっとこむは、
WEB上で見積り/面付けなど封筒販売の営業さんが便利に利用出来るサイト、
「封筒屋どっとこむPRO」のアピールと
名刺サイズの封筒「名刺DE封筒」のアピールでした。

特に「名刺DE封筒」は第一印象がとてもよく、
おもしろいな〜とか、カワイイ!連発でした。

ちやほやされる「名刺DE封筒」に私もなりたいです。
より以前